FOLLOW US

柏FW工藤、引退する先輩・北嶋との共演に「改めて偉大さを感じた」

チャリティーマッチに出場した今季で現役を終える北嶋、戸田、吉田、服部(左から) [写真]=兼子愼一郎

 JPFA(日本プロサッカー選手会)による東日本大震災の復興支援を目的とした「チャリティーサッカー2013」が28日にユアテックスタジアム仙台で開催され、日本サッカーの未来を背負って立つ若手選手で構成された「東北ドリームス」と、日本サッカーの歴史を築き上げてきたスター選手が集まった「JAPANスターズ」が対戦。

 試合は柿谷曜一朗の2ゴールや始球式を行った東北楽天ゴールデンイーグルスの銀次選手によるPK、終了間際の中山雅史氏の得点など、盛りだくさんの内容の末、5-3で東北ドリームスが勝利している。

 試合後、東北ドリームスの5点目を決めた柏レイソルのFW工藤壮人は、以下のようにコメントしている。

「サッカーで色んな人に元気だったり、夢だったり勇気を与えられるように。それはサッカー選手ができることだと思っているので、その中で精一杯のプレーというのは見せられたとは思いますし、こういう活動というのは、また来年以降も機会があれば参加させてもらいたいなと思います」

―今季で現役を引退する北嶋秀朗選手も一緒にピッチに立ったが?

「できればもっと長く続けてもらって、Jリーグのピッチで戦いたかったんですけど、こういう形になりましたが、素晴らしいチャリティーマッチで同じピッチでまた戦えたことは個人的にも、来年以降も気持ちを入れて頑張らないといけないと思いました」

―試合中にやりとりは?

「試合中にやりとりはないですけど、お互い自分に与えられたポジションでやるべきことをやるということは変わらずできたのではないかと思います」

―花束を渡したときは?

「『これからもがんばれよ』ということは言って頂けましたし、昨日もメシ食いましたし、今日も一緒に帰るんでね(笑)。色んな話をしているので、特に何かこれということはないですけど。改めて形として花束を渡せたということは、個人的にも改めて彼の偉大さというのはすごく感じますし、良かったなと思います」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA