FOLLOW US

28日開催の震災復興支援試合、東北在住の審判員が担当決定

 JPFA(日本プロサッカー選手会)は、12月28日に行われる東日本大震災の復興支援を目的とした「チャリティーサッカー2013」の担当審判員を発表した

 担当審判員は全て東北在住の審判員となり、主審は小屋幸栄氏、副審は平間亮氏と大友一平氏、第4の審判は佐藤誠和氏となる。

 同試合は、日本サッカーの未来を背負って立つ若手選手で構成する「東北ドリームス」と、日本サッカーの歴史を築き上げてきたスター選手で構成する「JAPANスターズ」に分かれ、ユアテックスタジアム仙台で対戦する。また、前日の27日には、岩手県と宮城県、福島県の各被災地を選手たちが訪問するふれあい活動“グリーティングDAY”を実施。11月15日から2014年1月5日までの期間で、募金活動であるジャストギビング寄付プログラムも行われる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO