2013.11.06

ブラインドサッカー世界選手権B1大会が2014年に日本初開催

北澤豪
世界選手権大会アンバサダーの北澤氏(左)とブラインドサッカー日本代表主将の落合啓士(右)

 日本ブラインドサッカー協会は6日、4年に1度行われるブラインドサッカーB1(全盲)世界選手権が、2014年に日本で開催されることを発表した。

 IBSA(国際視覚障害者スポーツ連盟)ブラインドサッカー世界選手権は、同競技における最高レベルの大会であり、弱視の選手で構成されるB2、B3クラスは今年2月に宮城で開催されたが、B1クラスの国内開催は初となる。日本ブラインドサッカー協会の釜本美佐子理事長は「世界大会を開きたいと思っていました。これを飛躍への幕開けと捉えたいです」とコメントした。

 大会アンバサダーに就任したサッカー元日本代表の北澤豪氏は「日本で開催されるということで、何よりも皆さんにブラインドサッカーを知ってもらいたいです。2020年を見据えて、成功しなければいけない大会。たくさんの人たちに見てもらいたい」と語り、ブラインドサッカーの認知度向上に期待を寄せていた。

 2位に終わった2013年のアジア選手権で日本代表の主将を務めた落合啓士は「僕たちは世界でなかなか結果を出せていません。自国開催となるので、無様な試合はできないと思っています。今までよりも素晴らしい結果を残さなければいけないということで、身が引き締まる思いです。やるからには頂点を目指します」と、自国開催のプレッシャーを感じながらも大会への強い意気込みを示した。また、「疲れている時、苦しい時間帯では声援が力をくれます。過去の大会ではホームチームの試合はスタジアムが満員でした。日本でもそれを実現したいと思いますし、自分たちはそれを力に変えたいです」と付け加え、スタジアムでの観戦を呼びかけた。

 大会は10カ国以上が参加する予定で、方式などは今後正式に発表される模様。会場は国立代々木競技場フットサルコートとなっており、2014年11月中旬から下旬に開催される。ブラインドサッカー日本代表にとっては2016年リオ・デ・ジャネイロ、2020年東京パラリンピックを視野に入れた貴重な強化の場となる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る