2013.10.08

広がる若年代での欧州挑戦や強豪クラブの日本進出…その背景とは?

ドルトムント
2013年11月からはドルトムントが東京で通年スクールを開校

 先日、わずか9歳の中井卓大くんのレアル・マドリード育成組織への加入が、このサッカーキングを始めとする各メディアで大々的に報じられた。ニュースのインパクトはレアル・マドリードという世界的ビッグクラブのネームバリューによる部分が大きいが、同時に日本のサッカー関係者に「そこまで来たか」という思いを抱かせる一事でもあった。

 近年、欧州のメジャークラブの間で「日本でのスクール事業は儲かる」という認識が広がり、スペインの二大クラブに限らず、ドルトムントやインテル、アーセナル、チェルシーなどなど、多種多様な形でのスクール展開が行われている。その値段は少々割高ではあるものの、本場の指導を受けられることと、「あわよくば」というチャンスがあることの2点から、根強い人気を保ち続けている。

「13歳くらいなら、間違いなく日本のトップレベルは元々世界のトップレベル。何も驚くには値しない」と断じたのは、かつて中学校1年生でエスパニョールにスカウトされ、現地でプレーしていた高野一也氏。15歳でアトレティコ・マドリードにスカウトされ、3シーズンにわたってプレーした玉乃淳氏も「それは間違いない。15歳くらいまでなら日本の上のほうの(レベルの)選手は確実にやれますよ」と断言する。

 香川真司や長友佑都らが欧州トップレベルで活躍するようになり、日本人プレーヤーに対する偏見が薄まったという側面もあるのだろう。サッカースクール事業というつながりもあり、中井くん、あるいは10歳でバルセロナと契約を交わした久保建英(たけふさ)くんのような事例が出てきたのは、ある種の必然的な流れではあった。

 また「なぜ9歳や10歳?」ということについて言えば、これはFIFAのルールも関係している。FIFAは選手の引き抜きが横行し、育成に力を注いだクラブが損をすることがないようにと、トレーニング補償金制度や、選手の移籍金の一部を受け取れる連帯貢献金の制度を新たに設けてきた。ただ、これはいずれも「12歳以降に在籍したクラブ」に対しての制度。10歳で引き抜ければ、そうした費用が発生しないどころか、将来的に逆に経済的な利益を受けられる可能性もあるのである。必然、こうした制度は、制度が設けられた当時の趣旨とは少々異なり、スカウトの低年齢化を促すこととなっているようだ。

 玉乃氏はこうした欧州挑戦の流れが広がりつつあることについて「すごくいいこと」とエールを送りつつ、「日本人がキツくなるのは、16歳くらいからなんです」と、自身を含めた過去に欧州へ挑戦した選手の例を踏まえ、過度の期待を戒める。「日本人の肉体的な成長は総じて16歳くらいで止まってくるんですが、彼らは逆にそこからグンと伸びてくる。一気に変わっていくんです。差が出るのは技術ではなく、何と言ってもフィジカルですよ。小さく見える選手でも、骨の太さがまるで違う。同じサイズの日本人選手と比べて10kgくらいは違ってくるんじゃないかな」と語る。また、スペインに挑戦したアフリカ系などの異人種が過度に筋肉を付け過ぎてフェードアウトしていった例や、自身に対するアプローチなどから「自分たちと異なる人種の肉体の成長に対する知識は余り持っていないように思えた。僕に対しても『何でお前の肉体は伸びないんだ?』という感じだった」と苦笑を浮かべつつ、「サッカーで成功できるかなんて現時点では誰にも分からないけれど、最高の育成環境であるのは間違いない。僕なんて、あそこでやっていなかったら、帰国してプロとしてプレーするなんてことはできなかったと思いますよ。それにスペイン語を覚えられるだけでも人生の幅がグッと広がりますからね」と、挑戦のメリットを説いた。

 今年、小学生でアトレティコ・マドリードにスカウトされ、現地でプレーしていた宮川類選手(16歳)が帰国することになったのだが、学制の違いなどもあって日本での進路がなかなか定まらなかったという。結局、強豪校に編入試験を受けて加入することになったものの、学年は一つ下の扱いになっている。欧州に挑戦した選手が帰国したとき、スムーズに日本の環境へ移行できるような制度面でのサポートの必要性を感じさせる事例であり、今後類似例が増えていくことが予想されるだけに、こうした点について日本サッカー協会を含めた幅広い議論が必要ではないだろうか。

文●川端暁彦

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング