2013.09.20

盟友マテラッツィが長友を絶賛「ユウトの魅力は日本特有の集中力」

スペシャルジャッジとして参加したマテラッツィ [写真]=軍記ひろし

 フリースタイル・フットボール世界大会「レッドブル・ストリートスタイル・ワールドファイナル 2013 東京」が、東京芝公園の増上寺の境内にて開催された。

 19日に行われた決勝大会では、元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏がスペシャルジャッジとして参加。大会終了後の記者会見で、インテル在籍時のチームメートである日本代表DF長友佑都について言及した。

 マテラッツィ氏は、長友がインテルに移籍してきた2011年1月から半年間ともにプレー。当時について「ユウトとプレーできたことは非常に光栄に思っている」と振り返るとともに、長友が今シーズンの開幕から2試合連続ゴールを挙げたことについても、賛辞を送った。

「決めた2ゴールはヘディングだったが、それは全く簡単なことではなく、ユウトは常に非常に集中してプレーしているから、隙やチャンスを見つけてゴールを決めている。良いポジションに自分を置いていると感じているよ。日本人特有の集中力がユウトにはあるから、それを自分としては魅力的に感じていた」

 同イベントは、足や胸、肩、頭などを駆使してサッカーボールを様々な方法で動かして一連の動作を行い、パフォーマンスとしての完成度を競うフリースタイル・フットボールの世界大会。今回で4度目となり、アジアでは初開催で、ポーランド出身のジモン・スカルスキーが優勝を果たした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る