2013.09.18

ナイキがどんなピッチでも目立つスパイクコレクションを発表

鮮やかなカラーが印象的な「ハイ・ビジビリティ(Hi-Vis)」コレクション

 ナイキの定番スパイク「ナイキ ハイパーヴェノム ファントム」、「ナイキ マーキュリアル ヴェイパー IX」、「ナイキ CTR360 マエストリ III」、「ナイキ ティエンポ レジェンド IV」の、鮮やかな濃淡差のカラーリングに仕上げた「ハイ・ビジビリティ(Hi-Vis)」コレクションが発表された。

 このコレクションの魅力は、どんなピッチでも目立つ鮮やかなカラー。冬が近付き、日没時間が徐々に早くなる中で、あらゆる試合において視認性の良さは重要な要素となる。ナイキフットボールフットウエア担当副社長、フィル・マッカートニーは以下のように語っている。

「プロダクトを作る時にはいつも、アスリートの声を聞きます。この10年間、プレーヤーから、淡くぼんやりしたカラーよりも、鮮やかで濃淡差のあるカラーの方が目に付きやすいと何度も聞きました。視野に入る鮮やかなカラーで、チームメートが走り始める姿を捉えることができたなら、完璧なタイミングのパスにつなげられることもあるはずです」

「ナイキ ハイパーヴェノム ファントム」と「ナイキ マーキュリアル ヴェイパー IX」はエレクトロパープルとボルトを主体に、ディテールにはブラックを使用し、「ナイキ CTR360 マエストリ III」と「ナイキティエンポ レジェンド IV」はボルト、グリーングロー、エレクトリックグリーンをメインカラーに、ディテールには同じくブラックを使用。ピッチとのコントラストを考えた場合、メタリックパープルとトータルオレンジのコンビネーションが、プレーヤーにとっても、スタジアムやテレビの前で観戦するファンにとっても目立つ色合いだという。

 さらにマッカートニー氏は「存在感を示したいプレーヤー」向けのコレクションだとコメント。「ナイキアスリートたちには、普通を目指してプレーする人はいません。常に記憶に残るプレーを目指しているのです」

 「ナイキ ハイパーヴェノム ファントム HG-E」、「ナイキ マーキュリアル ヴェイパー IX HG-V」、「ナイキ CTR360 マエストリ III HG AF」、「ナイキ ティエンポ レジェンド IV HG-E AF」は、10月4日より順次展開予定。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る