2013.08.20

アディダス主催のセミナーが開催……データ×フィジカルの持つ大いなる可能性

セミナーの第2部では名波氏らによるトークセッションが行なわれた [写真]=兼子慎一郎

 20日、アディダスが主催するフットボールメディアセミナー『データ×フィジカル ~データが日本フットボールを強くする~』が都内で開催された。

 セミナーは2部構成で行われ、第1部では現代のフットボールにおける「フィジカルフィットネス」の重要性と、そこに注目し様々なサービスを開始しているアディダスの『miCoach(マイコーチ)』と『フィジラボ powered by miCoach』(アディダスとスポーツデータマネジメントの専門集団「CLIMB Factory 株式会社」が共同開発)を紹介。実際の試合における選手のプレー中の走行時間や距離、ダッシュ回数などを計測し、データ化する『miCoach SPEED_CELL(TM)』で採集されたデータや、それらのデータがどんな意味を持つのか、今年のUEFAチャンピオンズリーグを制したバイエルンの準決勝、バルセロナとの第1戦のデータを基にして説明された。

 第2部は、名波浩氏(アディダス契約アドバイザー、サッカー解説者)、早川直樹氏(サッカー日本代表コンディショニングコーチ)、松橋力蔵氏(横浜F・マリノスユース監督)、高橋一隆氏(横浜F・マリノスフィジカルコーチ)、西部謙司氏(フットボールジャーナリスト)がゲスト出演し、野村明弘氏の進行で行なわれたトークセッション。ここでは、「日本フットボールを進化させるフィジカルフィットネス×データの可能性」というテーマの下、「世界のフットボールの潮流」、「強豪国におけるフィジカルの位置付け」、「今後の日本フットボールの強化について」といったトークが交わされた。

「(『miCoach SPEED_CELL(TM)』の)数値はその後の使い方や捉え方が大事。足りないものを補うという点でも非常に有用で、たとえばチームとして走れていないのであれば走ればいい。これはすごく分かりやすいし、フィジカルフィットネスを数値化して、(足りない部分を)すぐにトレーニングで吸収していけるという、このスピード感はすごい。我々の時代にもほしかったですね(笑)」(名波氏)

「数値があることで選手個人個人に応じた対策を立ててトレーニングができ、これは選手にとってはすごくモチベーションになる。ただフィジカルフィットネスは数値を上げることが(本来の)目的ではなく、実際の試合の中で、たとえばボールを奪えたり、球際で負けないようになることが第一の目標です。なので、それを踏まえた上で、(目標を実現するために)こういったデータを活用したトレーニングをしていくことが大事」(早川氏)

 アディダスは7月30日にフットボールのフィジカルフィットネスのデータに特化したウェブサイト『フィジラボ powered by miCoach』をオープンし、現代のフットボールにおける「フィジカルフィットネス」の重要性を提唱してきた。これまで客観的に捉えることが難しいとされていた“フィジカル”をデータとして可視化することで、自身のプレーをより客観的に捉えることができ、それによって効率的なトレーニングが可能になった。

 これはトップレベルのプロ選手から一般のプレーヤーまで、すべてはアスリートの目標達成をサポートしたいというアディダスの願いが実現された形であり、それをスパイクなどの製品だけではなく、「サービス」でもサポートしようということ。アディダスによって問い掛けられた、「フィジカルフィットネスとデータの可能性」は今後の日本のフットボールシーンにおいて重要なテーマとなっていくだろう。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
67pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
60pt
藤枝
60pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング