FOLLOW US

ヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMA、Jリーグ入り目指して2014年に統合へ

 九州サッカーリーグに所属するヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMAは9日、それぞれの公式HPを通じて、「2014年シーズンより統合し、鹿児島県を代表するプロサッカークラブとしてリーグ戦を戦い、将来のJリーグ入りを目指す」と声明を発表した。

 今回の統合の理由として、以下を挙げている。

・共に鹿児島をスポーツで盛り上げるというビジョンが一致していること
・自治体、サッカー協会、経済界、県民から、1つのチームのほうが応援しやすい、という声が大きいこと
・選手がプレーするのにより良い環境が整えられると判断したこと
・Jリーグ準加盟申請に向けた活動の中で受けたJリーグ側の意見も参考にしたこと

 ヴォルカ鹿児島は、1996年に鹿児島教員団を改名し、鹿児島からJリーグを目指すクラブとして誕生。今季で18年目を迎え、現在九州サッカーリーグで首位に立っている。

 FC KAGOSHIMAは、2010年3月に発足。今季で4年目となり、九州サッカーリーグではヴォルカ鹿児島に次ぐ、2位に位置している。

 両チームとも今季はJFL昇格を目指して戦うと、併せて発表している。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO