2013.08.05

日本サッカー殿堂に小倉前会長や元代表監督のオフト氏らの掲額決定

 JFA(日本サッカー協会)は5日、第10回日本サッカー殿堂に小倉純二氏、ハンス オフト氏、高田静夫氏の3名を特別選考の結果、掲額することを決定した。

 小倉純二氏はJFAの専務理事、副会長、会長を歴任。日本人3人目の国際サッカー連盟の理事を務めた。

 ハンス・オフト氏は1982年に来日して、ヤマハやマツダを指導した。1992年には初の外国人監督として、日本代表の指揮官に就任。同年にはアジアカップ初優勝に導き、翌年のアメリカ・ワールドカップアジア地区最終予選では、本大会出場寸前まで迫った。Jリーグではジュビロ磐田と京都パープルサンガ、浦和レッズの監督を務めている。

 高田静夫氏は国際審判員として、1986年のメキシコ・ワールドカップのスペイン対アルジェリア戦で日本人として初めてワールドカップで主審を務めた。1988年のソウル・オリンピック、1990年のイタリア・ワールドカップでも主審や副審として試合を裁いた。

 今回の決定により、掲額総数は65人となった。なお、掲額式典は9月10日に日本サッカーミュージアムで開催される予定。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る