2013.07.22

パナソニック、バルサFWネイマールと広告契約延長…193カ国・地域で広告展開

ネイマール
記者会見に出席したネイマール(右)とパナソニックの専務役員、鍛治舍巧氏(左)

 パナソニック株式会社は、2010年3月から結んでいるバルセロナ所属のサッカー・ブラジル代表FWネイマールとのグローバル広告出演契約を2013年4月から4年間延長したと発表し、19日にネイマールの故郷であるサントスで記者発表会を行った。

 同社は日系企業として初めてネイマールと広告出演契約を締結。その後、ロンドン・オリンピックのグローバル宣伝キャラクター等に起用してきた。2016年に控えるリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックなどを見据え、2017年3月まで契約を延長する運びとなった。広告は全世界193カ国・地域で順次展開されていく。

 今夏にバルセロナへの移籍が決まり、6月に開催されたコンフェデレーションズカップではブラジルを優勝に導く活躍で、大会MVPを受賞したネイマール。記者会見の席で行われた質疑応答では、バルセロナでのプレーについて、「今まで通りに活躍して、素晴らしい歴史とストーリーを作りたい」と意気込みを語ると、チームメートとなるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて、「メッシとプレーできることがバルセロナを選んだ1つの理由」と語り、ゴールパフォーマンスに関しては、「メッシも一緒になって踊ってくれたら嬉しい」と会場を笑わせた。

 コンフェデ杯では開幕戦で日本と対戦し、開始早々の自身の先制点などで3-0と快勝。日本について問われると、「すごく良くなっていると思う。香川(真司)と本田(圭佑)は特に優秀な選手だと思う。その2人だけではなく、チーム全体もすごく成長した。これからさらに成長するチームだと思う」と印象を語った。

 パナソニックはネイマールを起用した広告展開を7月22日から日本を手始めにグローバルで開始。ネイマールを応援する特設ウェブ/SNSサイト『Panasonic×NeymarJr.』を作成し、最新情報や応援企画などを行っていく。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る