2013.07.11

日本サッカー協会、Jヴィレッジで理事会を開催

 日本サッカー協会は11日、福島県のJヴィレッジで2013年度第4回理事会を開催。「Jヴィレッジ復興サポートプロジェクト(仮称)」の立ち上げを決めた。

 Jヴィレッジは、2011年3月の東日本大震災後に福島第一原子力発電所事故の収束対応のための拠点となっていたが、今年6月末から拠点機能の一部がJヴィレッジから移転されることになった。ナショナルフットボールセンターとしての機能回復を検討できる段階に入ったこともあり、今回はJヴィレッジで理事会を開催。現状把握とともに、「復興サポートプロジェクト」を設置して機能回復に向けて取り組むことになった。

 また、日本サッカー協会の大仁邦彌会長は、以下のようにコメントしている。

「Jヴィレッジは、日本が世界に誇るナショナルトレーニングセンターであり、また、JFAアカデミー福島の拠点として日本のサッカーの発展、そして地域のスポーツ振興にも寄与してきた。今回、Jヴィレッジを視察し、この施設を一刻も早く復旧させるという決意を新たにした。福島県、東京電力、地元自治体と協力しながら全力を尽くしたい」

 Jヴィレッジは1997年に開設。東京電力女子サッカー部マリーゼのホームスタジアムとしても用いられていた。

Jリーグ順位表

名古屋
3pt
サンフレッチェ広島
3pt
浦和レッズ
1pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る