2013.05.27

エース武藤がチームをけん引…慶應義塾大、集中切らさず今季3勝目/関東大学リーグ

武藤嘉紀
1ゴール1アシストを記録した慶應義塾大MF武藤嘉紀 [写真]=内藤悠史

 関東大学1部リーグ第9節が26日に行われ、味の素フィールド西が丘で9位の慶應義塾大学と11位の東洋大学が対戦した。前節はともに1-2で敗戦。リーグ戦8試合を消化して、下位に低迷する両チームにとって、浮上のきっかけにしたい前期最終戦となった。

 集中応援日に指定された一戦で、慶應義塾大が気迫のこもった戦いを披露した。出足の早いプレス、球際での激しいコンタクトで東洋大に自由を与えず、主導権を掌握。前後半の立ち上がりに1得点ずつを挙げ、試合を優位に運んだ。相手のシュートをゴールライン上でDFがブロックする場面も見られるなど、終始、集中力を保ち続けた慶應義塾大。終了間際にPKから1失点こそ喫したものの、2-1で勝利を収めて今季3勝目を挙げた。

 勝利につながる2得点を演出したのは、エースナンバー10番を背負うMF武藤嘉紀。開始7分、FW端山豪の右CKがファーサイドに流れたところを蹴り込んで、先制ゴールを記録すると、前半終了間際に自身が獲得したPKはクロスバーに阻まれたが、卓越したキープ力と力強いドリブルでチームをけん引した。51分には、カウンターで中央を独走。高速ドリブルでペナルティーエリアに進入すると、最後は鋭い切り返しで相手GKを振り切り、MF川田悠介のゴールをアシストした。

 試合後、殊勲の武藤は「ここまで勝ちが2試合しかなくて、(この試合は)最終節ということで、今日は絶対に勝たなければならなかった。勝ち点3を取れてホッとしている。たくさんの応援が自分たちの力になって、気持ち良くプレーすることができた」とコメント。充実の表情で勝利を振り返り、「しっかりと勝ち点を積み重ねていけるように、良いコンディションで試合に臨みたい」と、今後の戦いを見据えた。

 関東大学1部リーグは、第9節で前期日程が終了して中断期間に入る。関東大学1部リーグ・前期(第9節)終了時点の順位表は以下のとおり。

1位:専修大学(勝ち点22/得失点差+16)
2位:早稲田大学(勝ち点20/得失点差+7)
3位:日本体育大学(勝ち点15/得失点差+4)
4位:中央大学(勝ち点15/得失点差+3)
5位:桐蔭横浜大学(勝ち点14/得失点差-1)
6位:明治大学(勝ち点12/得失点差+1)
7位:流通経済大学(勝ち点10/得失点差-4)
8位:慶應義塾大学(勝ち点10/得失点差-7)
9位:筑波大学(勝ち点9/得失点差-2)
10位:順天堂大学(勝ち点9/得失点差-2)
11位:東洋大学(勝ち点6/得失点差-6)
12位:国士舘大学(勝ち点6/得失点差-9)

文=内藤悠史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る