2013.05.24

送別試合に出場した中山雅史「俊哉にアシストできて良かった」

試合前の記念撮影に応じる中山氏と藤田氏 [写真]=足立雅史

 元日本代表MFの藤田俊哉氏の引退試合「ほけんの窓口プレゼンツ 藤田俊哉送別試合」が23日に国立競技場で行われた。

 試合は、藤田氏が1994年のプロデビューから2005年(2003年のユトレヒトへの半年間のレンタル移籍期間を含む)まで在籍したジュビロ磐田のOB選手である中山雅史氏らで構成する「ジュビロ スターズ」と、三浦知良や中田英寿氏ら日本代表経験者を中心とした「ジャパン ブルー」が対戦。藤田氏は前半をジャパンブルー、後半からはジュビロスターズでプレー。4-3で「ジュビロ スターズ」が勝利した。

 中山氏は、以下のように試合を振り返った。

―ひざの状態はどうですか?
「復帰に向けて着々と、という感じですね。とりあえずは俊哉にアシストできて良かったなと思います」

―磐田の黄金期を支えたメンバーが揃っていたが、やりやすさはあったか?
「やりやすさというか、意図することもタイミングもわかるけれど、体がついていかない部分もあるのかなと。そういう部分をうまくすり合わせないといけないのかなと思ったが、それをやるにはなかなか時間がというところもありますけれどね。ただ、非常に楽しく時間を過ごせたのかなとは感じる」

―最後の藤田氏のシュートは当たったか?
「どうなんでしょうね。知らないです、僕の記憶にはないですね。というかね、シュートコースに入ったというか、もうしょうがないです。僕のせいではないです。そこも俊哉からのパスだと思いますね。そこを僕が反応しきれなかった、コントロールしきれなかったという未熟さを痛感しました」

―試合に臨むにあたって、特別なトレーニングとかはしたのか?
「日々、リハビリをしていますから、リハビリの一環としてこの試合がどういう状態なのかという部分で確かめられたら良いと思いました。それは、先を見てというか、現状自分がどこまでやれるのか。俊哉の壮行試合を壊さない程度にできればいいなという気持ちで臨んでいますけれどね」

―久しぶりに一緒にプレーして、みんな良いところも悪いところも変わっていないという感じか?
「そこまで感じられたかどうか。自分の動きであったり顔出しであったり、そういうところに、どうしても目が行ってしまうというか、考えが及んでしまう。ベンチで見ていて現役の大津(祐樹)であったり、(小野)伸二であったり、安田(理大)であったりのキレを見ると、羨ましいし、悔しさを感じる」

―ロッカールームで昔話とかはしたか?
「俊哉とは結構会っているから、近況報告のほうが多かった。それぞれがどういうことをやっているか。こういうゲームに来ると、いつも思うが落ち着かない。色んなところで色んな話があって、自分も色んな話をしているから、それが高揚感になっているかなとも感じる。そしてグラウンドの上でプレーできて良かったなと思うし、楽しいことは楽しいが、もっと上手かったらもっと楽しいのにということも痛感させられる」

―出場した際、盛り上がったが?
「周りが盛り上げてくれたという形ですかね。こういう試合も、選手とお客さんで盛り上げていければ、それが一番だと思う。来てくれた人たちが楽しんでくれるのが一番だし、それに選手の楽しみが加われば最高というところ」

―中山さん自身の引退試合は?
「ないですよ、全く。一線を退いただけですから。でも、できないでしょう、なかなか」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る