FOLLOW US

藤田俊哉が自身の送別試合で2ゴール…カズ、ゴン、ヒデらが出場

藤田俊哉氏は自身の送別試合で2ゴールをマーク [写真]=足立雅史

 元日本代表MFの藤田俊哉氏の引退試合「ほけんの窓口プレゼンツ 藤田俊哉送別試合」が23日に国立競技場で行われた。

 今回の試合では、藤田氏が1994年のプロデビューから2005年(2003年のユトレヒトへの半年間のレンタル移籍期間を含む)まで在籍した磐田のOB 選手である中山雅史氏らで構成する「ジュビロ スターズ」と、三浦知良や中田英寿氏ら日本代表経験者を中心とした「ジャパン ブルー」が対戦。藤田氏は前半をジャパンブルー、後半からはジュビロスターズでプレーした。

 試合は、開始5分にジャパンブルーが先制。小野伸二の浮き球のパスを藤田氏が落とし、パスを受けた大津祐樹が前園真聖氏とワンツー。再びボールを得た大津がシュートを沈めた。

 ジャパンブルーは攻勢を続けると、38分に藤田氏が得点した。右サイドからのクロスを藤田氏がヘディングで合わせるとシュートはポストを直撃するが、こぼれ球を拾ってゴールに流し込んだ。

 後半は、藤田氏や名波浩氏らが入ったジュビロスターズが反撃。51分には川口信男氏が得点して、1点差に詰め寄った。

 ジュビロスターズは、73分に左サイドから武田修宏氏が上げたクロスにGAKU-MCがダイレクトボレーで合わせ同点弾をマーク。78分には武田氏がゴール前の混戦から逆転弾を挙げた。

 ジュビロスターズは、84分にディフェンスラインを抜け出した中山氏のお膳立てを受けた藤田氏が4点目をマーク。88分にジャパンブルーのナオト・インティライミに1点を返されたが、ジュビロスターズが、4-3で勝利した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO