2013.05.14

立て続けの2ゴールで専修大が逆転勝利、首位キープ/関東大学リーグ

磐田加入内定の筑波大MF上村(左)と横浜FM特別指定の専修大MF長澤(右)が競り合う [写真]=内藤悠史

 関東大学1部リーグ第7節が12日に行われ、味の素フィールド西が丘で筑波大学と専修大学が対戦した。首位を走る専修大は、前節の流通経済大戦を2-3で落として今季初黒星。前期を首位で終えるべく、仕切り直しの一戦となった。対する筑波大は、リーグ戦6試合を終えてわずか1勝と、結果の出ない試合が続く。2連覇中の王者を倒し、浮上のきっかけをつかみたいところ。

「DFラインでうまく組み立てることができず、少し(相手に)引かれただけで何もできなくなってしまった。パスミスによって、(攻撃の)リズムが出なかった」と、専修大の源平貴久監督が試合後に険しい表情で語ったとおり、後半途中まで専修大の攻撃には停滞感が漂っていた。一方の筑波大は、「研究されていた」と敵将が振り返ったように、専修大攻撃陣にしっかりと対応していたものの、攻撃ではバイタルエリア以降の崩しに決定打を欠いた。

 試合が動き始めたのは、65分頃から。64分に、専修大がFW山川翔也に代えてMF北出雄星を投入し、3トップから2トップに布陣を変更。俊足FW仲川輝人と、2列目に入ったMF長澤和輝(横浜F・マリノス特別指定選手)が縦関係のポジションを取り、チャンスを演出し始める。筑波大も、60分に投入されたFW若杉拓哉がFW赤﨑秀平(鹿島アントラーズ来季新加入内定)と並んで前線へ。中盤にスペースが空くようになった状況で、両チームが攻撃のギアを上げるべく、打開策を講じた。

 均衡が破れたのは75分。筑波大のMF曽山慶太が赤崎からパスを受ける。バイタルエリア、やや右側でボールを持った曽山が、狙いすまして左足を振り抜くと、インスイングのカーブがかかったコントロールシュートがゴール左隅へ。残り15分で、筑波大が先制に成功した。

 ビハインドを負った専修大はすぐさま反撃。3分後の78分、左サイド深くに進入した長澤からのクロスボールをファーサイドの北出が頭で折り返すと、中央の仲川がヘディングシュートをたたきこんだ。あっという間に同点とすると、さらに3分後の81分には、一瞬のスピードでルーズボールを確保した仲川が、ペナルティーエリア左側に走り込んだ長澤へパスを送る。長澤のシュートは相手GKに弾かれたが、こぼれ球を北出が押し込んで、2-1。専修大が立て続けに2ゴールを奪い、逆転に成功した。試合はこのまま終了。専修大が、今季6勝目を挙げて首位の座を守った。

 試合後、専修大の源平監督は、「3トップの両サイドが生きず、早めにスペースを埋められてしまっていたので、2トップに変更した。相手に研究されているので、それを上回ることができるように準備したい」と次節以降を見据えた。

 第8節では、専修大は18日に、味の素フィールド西が丘で中央大と対戦。筑波大は19日、川口市青木町公園総合運動場で、明治大と対戦する。

 関東大学1部リーグ・第7節終了時点の順位表は以下のとおり。

1位:専修大学(勝ち点18/得失点差+13)
2位:早稲田大学(勝ち点16/得失点差+6)
3位:日本体育大学(勝ち点13/得失点差+4)
4位:中央大学(勝ち点12/得失点差+4)
5位:明治大学(勝ち点11/得失点差+3)
6位:流通経済大学(勝ち点9/得失点差-2)
7位:順天堂大学(勝ち点8/得失点差0)
8位:桐蔭横浜大学(勝ち点8/得失点差-4)
9位:慶應義塾大学(勝ち点7/得失点差-7)
10位:東洋大学(勝ち点6/得失点差-4)
11位:筑波大学(勝ち点5/得失点差-4)
12位:国士舘大学(勝ち点3/得失点差-9)

文=内藤悠史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る