2013.05.14

“最後まで戦いきった”早稲田大、アディショナルタイム弾で明治大に勝利/関東大学リーグ

早稲田大がMF池西希(左から2番目)の決勝弾で勝利 [写真]=内藤悠史

 関東大学1部リーグ第7節が12日に行われ、味の素フィールド西が丘で4位の明治大学と2位の早稲田大学が対戦した。両チームとも開幕戦では敗れたものの、以後5試合負けなしと好調を持続。上位対決を制し、優勝争いへの足掛かりにしたい。

 立ち上がり、両チームは陣形をコンパクトに保つ意識を強く持ち、互いに出足の早いプレスを仕掛け合う。開始10分は中盤でボールが落ち着かなかったが、次第に明治大がポゼッション率を高め、早稲田大がカウンターを狙う流れへと傾いていく。

 先制点は早稲田大が奪った。19分、敵陣で相手からボールを奪ったボランチのMF池西希がドリブルで前方へと運び、右サイドでフリーのFW上形洋介へとパス。ペナルティーエリア内でボールを受けた上形は落ち着いて右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。カウンターを見事に決めた早稲田大は、35分にもMF近藤貴司が決定的なヘディングシュートを放つなど、連続してチャンスを迎える。追加点は奪えなかったが、パスミスが目立った明治大に対して優勢に試合を進め、1点リードで前半を終えた。

 後半開始直後、明治大が同点に追い付く。46分、左サイド深くえぐったDF八塚利朗のクロスボールに、FW西澤厚志が反応。ファーサイドに飛び込み、右足で押し込んだ。スコアを1-1とした明治大は、両サイドを広く使ってパスを回し、中盤を支配。早稲田大を押し込む時間が続いた。70分には、ペナルティーエリア内でのパス交換から途中出場のFW三橋隼斗がシュートを放ったが、ゴールライン上で早稲田大DF金沢拓真が間一髪のブロック。追加点を挙げることができない。

 70分過ぎから、暑さの影響もあってか、両チームとも運動量が落ち、中盤にスペースが生じ始める。オープンに打ち合う展開に傾斜していく中、明治大は足が止まる選手が増え、早稲田大が少しずつ盛り返していく。そして、後半アディショナルタイムに決勝点が生まれた。91分、早稲田大が敵陣で得たFKを素早くリスタート。ボールを受けた池西が鮮やかなミドルシュートを沈め、2-1で早稲田大が勝利を収めた。

 試合後、明治大の神川明彦監督は、「70分頃までは戦えていたが、最後の20分は早稲田大の方が上回っていた。(決勝点の場面でも)相手に寄せきれなかった。メンタル、フィジカルの両面で、『最後まで戦いきる』という、シンプルでベーシックな部分が欠けていた」と敗因を分析。一方、先制点を挙げた早稲田大の上形は、「早稲田らしく戦って、勝つことができて良かった」とコメントし、勝利を振り返った。

 第8節では、明治大は19日に、川口市青木町公園総合運動場で筑波大と対戦。早稲田大は18日、龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドで、日本体育大と対戦する。

 関東大学1部リーグ・第7節終了時点の順位表は以下のとおり。

1位:専修大学(勝ち点18/得失点差+13)
2位:早稲田大学(勝ち点16/得失点差+6)
3位:日本体育大学(勝ち点13/得失点差+4)
4位:中央大学(勝ち点12/得失点差+4)
5位:明治大学(勝ち点11/得失点差+3)
6位:流通経済大学(勝ち点9/得失点差-2)
7位:順天堂大学(勝ち点8/得失点差0)
8位:桐蔭横浜大学(勝ち点8/得失点差-4)
9位:慶應義塾大学(勝ち点7/得失点差-7)
10位:東洋大学(勝ち点6/得失点差-4)
11位:筑波大学(勝ち点5/得失点差-4)
12位:国士舘大学(勝ち点3/得失点差-9)

文=内藤悠史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る