2013.05.09

中央大が約4年ぶりにリーグ戦で筑波大に勝利/関東大学リーグ

先制点を挙げた中央大FW砂川優太郎(右) [写真]=内藤悠史

 関東大学1部リーグ第6節が6日に行われ、味の素フィールド西が丘で中央大学と筑波大学が対戦した。リーグ戦5試合を終えて2勝2分け1敗と、今ひとつ波に乗り切れない中央大。対戦相手の筑波大には、リーグ戦では2009年6月以来、勝ち星を挙げていない。約4年ぶりの筑波大撃破へ、前節の東洋大戦と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。

 立ち上がりは筑波大が優勢に試合を進める。ボランチの2人に対する中央大のプレスが緩かったため、余裕を持ってパスを回していく。ジュビロ磐田への加入が内定しているMF上村岬を中心に、両サイドを広く使った展開で主導権を握った。

 対する中央大は、20分過ぎから攻撃に転じる。左サイドバックのDF高瀬優孝が積極的に攻め上がってクロスを送り、チャンスを演出。バイタルエリアでボールを受けられるようになり、後方からの攻撃参加が増えたことで、筑波大陣内に押し込み始めた。

 均衡が破れたのは、筑波大のミスがきっかけに。36分、自陣でのパス回しが乱れ、中央大のMF渋谷亮がインターセプト。渋谷からパスを受けたFW砂川優太郎がドリブルでペナルティーエリアに進入すると、筑波大DF谷口彰悟がファールを犯す。谷口は一発退場。砂川が自ら得たPKを沈めて、中央大が先制に成功した。

 1点をリードされ、数的不利となった筑波大は、後半に入って巻き返しを見せる。「(谷口が)退場した直後は混乱もあったが、後半からは(選手の)配置を確認して、チャンスを作れた」と中山雅雄監督が振り返ったとおり、1人少ない状況にしっかりと対応した。守備ではワントップのFW赤崎秀平(鹿島アントラーズ加入内定)を前線に残し、8人が“4人・4人”の2ラインのブロックを形成。攻撃に転じると中盤の選手が一斉に攻め上がる。77分には、赤崎が角度のないところから左足でループ気味に狙ったが、シュートは右ポストを直撃。同点ゴールには至らない。

 83分、中央大が追加点を挙げる。砂川、MF渡辺大斗とつないだボールを、最後はMF古橋匡梧がペナルティーエリア内で落ち着いてシュート。交代出場の2選手が絡むゴールで、中央大が2-0とリードを広げた。勢いに乗った中央大はさらに得点を狙って攻め込むが、追加点は生まれず。試合は2-0で終了し、中央大が今季3勝目を挙げた。

 試合後、中央大の白須真介監督は、「筑波大にはいつもやられている。(相手選手の)個々の特徴については事前にチェックするように伝えていた」とコメント。約4年ぶりの筑波大戦での勝利を振り返った。筑波大の中山監督は、「追い付けるチャンスはあった。2点目を取られてからも、前を向いて戦おうとしてくれた、1点入れば(結果が)どうなるかわからなかった」と話し、選手を称えた。

 第7節では、中央大は11日に、龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドで流通経済大と対戦。筑波大は12日、味の素フィールド西が丘で、首位の専修大と対戦する。

 関東大学1部リーグ・第6節終了時点の順位表は以下のとおり。

1位:専修大学(勝ち点15/得失点差+12)
2位:早稲田大学(勝ち点13/得失点差+5)
2位:日本体育大学(勝ち点13/得失点差+5)
4位:明治大学(勝ち点11/得失点差+4)
5位:中央大学(勝ち点11/得失点差+4)
6位:流通経済大学(勝ち点8/得失点差-2)
7位:順天堂大学(勝ち点7/得失点差0)
8位:筑波大学(勝ち点5/得失点差-3)
9位:東洋大学(勝ち点5/得失点差-4)
10位:桐蔭横浜大学(勝ち点5/得失点差-5)
11位:慶應義塾大学(勝ち点4/得失点差-8)
12位:国士舘大学(勝ち点3/得失点差-8)

文=内藤悠史

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
甲府
19pt
水戸
19pt
山形
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る