FOLLOW US

レアル・マドリードからオファーのあった11才日本人少年を語学サポート

 5月2日、世界に挑戦するアスリートを語学面でサポートするグローバル・アスリート・プロジェクトは、山口佳那選手(11)に対して語学習得サポートを開始したことを発表した。

 11歳の山口佳那選手はレアル・マドリードから直接オファーを受けるほどの実力の持ち主だが、今年2月にレアルマドリードのカンテラの試験を受けにスペインに行った際、コーチの指示がまったく理解できずに、自分のプレーが出せず悔しい思いをしたという。

「僕の将来の夢はスペインのビッククラブに入って、そのクラブを世界一にして、日本代表になり、バロンドールを取る事です。今はインターナショナルスクールに通っているので英語は問題ないのですが、スペイン語は全く分かりません。自分の夢をかなえる為にはスペイン語が話せるようにならないといけないので、このプロジェクトに応募しました。絶対にスペイン語を習得して、自分の夢をかなえます!!」

 グローバルアスリートプロジェクトは日本代表GK・川島永嗣が発起人となり、2011年6月に設立されたプロジェクトで、世界に挑戦する日本人アスリートが「コトバのカベ 」 を乗り越えるための語学習得のサポートをロゼッタストーン・ジャパンの協力で行なっている。

 山口選手は「来年もう一度行く事になっているので、それまでにスペイン語が話せるようになりたいです」と、今後の目標を語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA