FOLLOW US

決定機を確実にモノにした駒澤大が快勝/関東大学リーグ

チーム2点目を挙げた駒澤大FW山本大貴(左) [写真]=内藤悠史

 関東大学2部リーグ第4節が28日に行われ、Shonan BMWスタジアム平塚で、駒澤大学と関東学院大学が対戦した。駒澤大は2試合連続で4得点を奪い、開幕連勝を飾った後、前節は東京国際大に0-1で完封負け。対する関東学院大も開幕2試合で大量7得点を挙げて連勝スタートをきったものの、前節は東京農業大に0-3で完敗。両チームにとって、再浮上を懸けた一戦となった。

 前半立ち上がりは互いにミスが目立った。中盤でのボールの奪い合い、パスカットが連続し、ともにフィニッシュまで持ち込めない時間が続いた。こう着状態の中、先に主導権を握ったのは、関東学院大。徐々にボールポゼッション率を高め、敵陣へ進行していく。左サイドのMF木村魁斗、FW萱沼優聖が最終ラインの裏を狙い、ドリブルで積極的に仕掛けて駒澤大陣内に押し込んだ。20分には、左サイドをドリブルで深くえぐった萱沼がグラウンダーのクロスを送ると、中央で待っていた木村が合わせる。完全にフリーだったが、シュートはうまくミートせず、得点には至らない。さらに23分、25分と連続で得点機を迎えたものの、いずれもゴールネットを揺らすことはできなかった。

 関東学院大は決定機を3度作りながら、得点を挙げられなかった。すると、流れは駒澤大へ。駒澤大は高い位置でボールをキープできず、ロングボールを跳ね返される苦しい展開が続いていたが、30分頃から次第にチャンスを作り始める。そして45分、相手のクリアボールをペナルティーエリア付近で拾ったMF中村駿がペナルティーエリア内にドリブルで進入し、右足を一閃。シュートはゴール右隅に突き刺さった。前半唯一のシュートで得点を挙げた駒澤大が1点をリードして試合を折り返した。

 駒澤大は、後半立ち上がりに追加点を奪う。53分、GK大石健太からのロングボールをFW小牟田洋佑がヘディングで後方に落とすと、縦に抜け出したFW山本大貴が滑り込みながら冷静に流し込んだ。GKからわずか2本のパスでシュートへ。手数を掛けずにゴールを陥れた駒澤大が、2点のリードを奪った。

 スコアが2-0になってからは、一進一退の展開。関東学院大はボールこそ保持するものの、相手バイタルエリアより先で守備網を崩せず。前半のように決定機を作ることができなかった。駒澤大は、前線でボールが収まらないながらも、集中した守備で応戦。2点のリードをしっかり守りきり、2-0で完封勝利を挙げた。この日、駒澤大のシュート数は5本、関東学院大は8本。互いのシュート数が低い数字に終わった中で、決定力の差が勝敗に表れた試合だった。

 第5節では、駒澤大は5月3日、県立保土ヶ谷公園サッカー場で東京農業大と対戦。関東学院大は5月3日に、味の素フィールド西が丘で、青山学院大と対戦する。

 関東大学2部リーグ・第4節終了時点の順位表は以下のとおり。

1位:東京国際大学(勝ち点12/得失点差+7)
2位:駒澤大学(勝ち点9/得失点差+7)
3位:神奈川大学(勝ち点9/得失点差+4)
4位:関東学院大学(勝ち点6/得失点差+2)
4位:東京農業大学(勝ち点6/得失点差+2)
6位:青山学院大学(勝ち点6/得失点差0)
7位:東京学芸大学(勝ち点6/得失点差0)
8位:拓殖大学(勝ち点6/得失点差-1)
9位:東海大学(勝ち点3/得失点差-5)
10位:平成国際大学(勝ち点3/得失点差-5)
11位:朝鮮大学校(勝ち点3/得失点差-5)
12位:法政大学(勝ち点3/得失点差-6)

文=内藤悠史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA