2013.04.21

“王者”専修大が大量6得点で開幕3連勝/関東大学リーグ

大勝した専修大が開幕3連勝を飾った [写真]=内藤悠史

 関東大学1部リーグ第3節が20日に行われ、江戸川区陸上競技場で専修大学と慶應義塾大学が対戦した。開幕2連勝中の王者・専修大は、横浜FMの特別指定選手、MF長澤和輝らが先発出場。一方、連敗スタートとなった慶應義塾大は、MF武藤嘉紀が出場停止から復帰し、シーズン初勝利を狙う。

 雨が降ったり止んだりの天候、凹凸が目立つピッチコンディション。対応力が問われる一戦で、王者が盤石の戦いを見せた。

 2試合続けて逆転で相手をねじ伏せ、計9得点を奪う圧倒的な攻撃力を誇ってきた専修大。この日は少し幸運な形で先制に成功する。前半14分、長澤からのスルーパスに反応したFW山川翔也が、ペナルティーエリア内で慶應義塾大のGK峯達也に倒されて専修大がPKを獲得。微妙な判定に見えたが、このPKをFW仲川輝人が左隅に決めた。

 今季初の先制点を奪った専修大は、長澤が相手のバイタルエリアに顔を出し、積極的にパスを受けて巧みにリズムを作っていく。源平貴久監督の「先制すると相手が前に出ざるを得なくなって、うちのサッカーをやりやすくなる」との言葉どおり、長短のパスを織り交ぜて主導権を握った。41分、慶應義塾大の武藤のスーパーゴールで同点とされたが、直後の43分にMF星野有亮が強烈なミドルシュートを突き刺す。専修大が2-1とリードして前半を終えた。

 後半は専修大の攻撃力が爆発した。仲川が、「足下(のコンディション)が悪いので、最終ラインから割り切ったロングボールを出すということを話していた。相手DFも処理が難しかったと思う」と試合を振り返ったように、最終ラインの裏を常に意識したプレーで慶應義塾大のミスを誘発。相手のラインを下げ、セカンドボールを拾って試合を優位に進めた。

 3得点目は62分。右サイドのMF下田北斗からパスを受けた長澤が、左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。さらに73分に、相手GKのフィードをカットした仲川が、トップスピードで敵陣中央を切り裂き、最後は右足で冷静にコースを突いて4-1。続いて76分、左サイドバックのDF小口大貴がクロスボールを送ると、中央で待っていた山川がヘディングシュート。ボールはクロスバーに弾かれたが、こぼれ球をFW前澤甲気が押し込んだ。専修大は終了間際にも1点を追加し、終わってみれば大量6得点。6-1で完勝した。

 2得点を挙げた仲川は試合後、「相手が引いていたら(細かくパスを)つなぐ、そうでなければロングボールを蹴る。その(使い分けの)タイミングが難しかったが、狙いどおりにできた」と納得の表情で話した。本来の“つなぐサッカー”が難しいコンディションに直面した中で、状況に応じた判断力と対応力を示せたことは、専修大にとって大きな収穫となったはずだ。

 一方、大差で敗れた慶應義塾大は、リーグ唯一の3連敗となった。須田芳正監督は、「(集中力が)途中で切れてしまった。失点をしても下を向かないように、と確認していたが、それができず、不甲斐ない試合だった」と、厳しい口調で振り返った。

 第4節では、専修大は27日、フクダ電子アリーナで順天堂大と対戦。慶應義塾大は28日に、厚木市荻野運動公園で、流通経済大と対戦する。

 関東大学1部リーグ・第3節終了時点の順位表は以下のとおり。

1位:専修大学(勝ち点9/得失点差+11)
2位:日本体育大学(勝ち点9/得失点差+5)
3位:中央大学(勝ち点7/得失点差+3)
4位:順天堂大学(勝ち点6/得失点差+4)
5位:早稲田大学(勝ち点6/得失点差+1)
6位:明治大学(勝ち点4/得失点差0)
7位:東洋大学(勝ち点3/得失点差-3)
8位:国士舘大学(勝ち点3/得失点差-5)
9位:流通経済大学(勝ち点2/得失点差-2)
10位:筑波大学(勝ち点1/得失点差-2)
11位:桐蔭横浜大学(勝ち点1/得失点差-5)
12位:慶應義塾大学(勝ち点0/得失点差-7)

文=内藤悠史

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る