2013.04.14

早稲田大が早慶戦を制して今季初勝利…勝敗を分けたサイドからの仕掛けと”個”の力/関東大学リーグ

先制点を挙げた早稲田大FW片山瑛一(中央) [写真]=内藤悠史

 関東大学1部リーグ第2節が13日に行われ、味の素フィールド西が丘で早稲田大学が慶應義塾大学と対戦した。

 シーズン序盤の試合とあって、連係面の課題を露呈した両チーム。パスの受け手と出し手のタイミングが合わず、展開が遅れる。パスがうまく通らない。そんな歯がゆい場面が頻発する試合で、早稲田大に勝ち点3をもたらしたのは、サイドからの仕掛けと“個”の力だった。

 開始5分、FW片山瑛一が右サイドでボールを受けると、対面するDFを振り切り、ペナルティーエリアへ進入。角度のないところから右足でシュートを突き刺した。一対一の局面で、躊躇なく縦への突破を試みる強い意志と、イメージを具現化するフィジカルの強さがもたらした先制点だった。

 決勝点も右サイドの崩しから生まれた。同点で迎えた59分、縦パスを受けたMF近藤貴司がドリブルで敵陣を深くえぐり、グラウンダーのラストパスを送る。ペナルティーエリア中央へ走り込んだFW榎本大希が右足で合わせ、ゴールネットを揺らす。近藤貴がスピードを生かして縦へ抜け出したプレーが、鮮やかなゴールにつながった。早稲田大が追いすがる慶應義塾大を突き離し、2-1で今季初勝利をつかんだ。

 試合後、得点を挙げた2人の殊勲者は「特別な試合なので勝てて良かった」と口をそろえた。第2節で早くも顔を合わせることとなった、因縁のライバルとの一戦。両校の集中応援日に設定され、両校学生による選手紹介やチアリーディングのパフォーマンスが行われるなど、通常のリーグ戦とは少し異なる雰囲気の中で行われた“早慶戦”で、昨季のインカレ王者が結果を出してみせた。榎本が「黄色のユニフォームにはあらゆる点で負けたくない」と、強い対抗意識を持つ慶應義塾大に対して勝ちきったことは、今後のリーグ戦に向けて弾みになるだろう。

 早稲田大はリーグ戦2試合を終えて、1勝1敗。20日に行われる第3節では、筑波大と夢の島競技場で対戦する。一方、開幕2連敗となった慶應義塾大は江戸川区陸上競技場で、リーグ2連覇中の王者・専修大と対戦する。

文=内藤悠史

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
39pt
横浜FM
36pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
40pt
山形
40pt
柏レイソル
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
29pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング