2013.04.14

終盤に追い付いた流通経済大が筑波大とドロー/関東大学リーグ

同点弾を喜ぶ流通経済大の選手と応援団 [写真]=内藤悠史

 13日、関東大学1部リーグ第2節が味の素フィールド西が丘で開催。筑波大学と流通経済大学が対戦した。

 前半は拮抗した展開となった。立ち上がり、主導権を握ったのは筑波大。選手間の距離を短く保ち、出足の早いプレスを仕掛けて、高い位置でボールを奪う。複数で相手を囲み、流経大の中盤に自由を与えない。しかし、細かいパスをつなぎ流経大のゴールへ迫るものの、得点を奪うまでには至らなかった。最大の決定機を迎えたのは17分。FW赤崎秀平のポストプレーからMF上村岬が左足で放ったミドルシュートは右ポストに弾かれた。

 対する流経大は20分頃から徐々にセカンドボールを拾えるようになり、反撃の糸口をつかみ始める。左サイドのMF中美慶哉とDF湯澤聖人が筑波大の最終ラインの裏を突破。クロスを上げる場面を連続で作る。しかし、筑波大と同様に決定的なチャンスを生み出すことはできなかった。前半に記録したシュート数は、筑波大が3本、流経大が4本。停滞感が漂う中、スコアレスでハーフタイムを迎えた。

 膠着状態が長く続く中、スコアが動いたのは66分。敵陣やや左寄りの位置でボールを持った筑波大の上村が、右足でロングパスを送る。DFラインの裏、ファーサイドを狙ったボールに反応したのは、途中出場の1年生MF吉川修平。ダイビングヘッドで合わせたシュートは、GKの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

 先制点を許した流経大は、選手交代で局面の打開を図る。67分にFW石井雄輔、76分にMF土屋智義を投入し、攻撃陣を活性化。筑波大が間延びしたこともあり、次第にゴールを脅かす場面が増えていく。そして85分、直前に投入されていたMF森保圭悟が蹴った左CKに、DF川崎裕大が頭で合わせ、同点に追い付いた。

 終了間際の同点弾で勢いに乗った流経大は、多数詰めかけた応援団の後押しを受け、逆転ゴールを目指して攻勢を強める。後半ロスタイムには、左サイドを突破した土屋のクロスに反応したMF丸本侑平が左足で狙ったが、GKにセーブされた。結局2得点目を奪うことはできず、試合は1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。

 20日に行われる第3節、筑波大は夢の島競技場で早稲田大と対戦。流通経済大は千葉県総合スポーツセンター東総運動場で、明治大と対戦する。

文=内藤悠史

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
39pt
横浜FM
36pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
40pt
山形
40pt
柏レイソル
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
29pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング