FOLLOW US

送別試合開催の元日本代表MF藤田俊哉「感謝の気持でいっぱい」

「ジュビロ スターズ」のユニフォームを手にする藤田氏

 8日、元日本代表MFの藤田俊哉氏の引退試合として、「ほけんの窓口プレゼンツ 藤田俊哉送別試合」が5月23日に国立競技場で開催されることが発表された。

 発表会見に出席した藤田氏は、試合開催について「今回、多くの方々に支えられて、送別試合を開催してもらうことは本当に感謝の気持でいっぱいです」とコメント。「5月23日は僕の最後の試合になりますけれど、今までやってきたようにサッカーの楽しさ、素晴らしさというものを多くのサッカーファン、サポーター、皆さんに感じてもらえるような試合になればいいなと思っています」と意気込みを語った。

 今回の試合では、元日本代表FWの中山雅史氏や元日本代表MFの名波浩氏ら、磐田のOB 選手を中心とした「ジュビロ スターズ」と、元日本代表MFの中田英寿氏ら日本代表経験者を中心とした「ジャパン ブルー」が対戦する。

 多くの選手が参加することについては、「色んな世代の方にサッカーを楽しんでもらえるように、Jリーグ20年の歴史の中で、元年からプレーした選手も出てくれるし、今活躍している選手も出てくれる。ずっとJリーグを応援してくれた方々にも楽しんでもらえるような試合になればいいなと思います」と語り、「サッカーの力、スポーツの力を1人でも多くの方が感じてもらえれば最高ですね」と試合への思いを続けた。

 藤田氏は、磐田や名古屋、熊本、千葉で活躍し、オランダのユトレヒトにも在籍した。磐田時代の2001年に、JリーグMVPを獲得。2007年8月には、 Jリーグ史上4人目で、FW登録選手以外では初のJリーグ通算100ゴールを達成した。日本代表でも国際Aマッチ24試合に出場して、3ゴールを記録。昨年6月に現役引退を発表していた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO