FOLLOW US

U-18Jリーグ選抜のMF前寛之「圧倒してやろうと思っていた」

U-18Jリーグ選抜の一員で出場した前寛之コンサドーレ札幌U-18) [写真]=嶋田健一

「NEXT GENERATION MATCH U-18Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜」が23日に、国立競技場において35分ハーフで実施。0-0のスコアレスドローで終わった。

 U-18Jリーグ選抜の一員で出場したコンサドーレ札幌U-18のMF前寛之は、試合を振り返り以下のようにコメントした。

「(相手は)選手権にも出ていた選手だったし、強いなと思っていた。国立という舞台で戦えて良かったです。1点決まっていれば流れが変わっていたと思うし、後半は中盤で守備をして、流れも作れた。前半はDFラインとFWとの距離が広がってしまって、FWを孤立させてしまった。ハーフタイムにみんなで話し合って、それを試合中に修正できて良かった」

「実は国立は僕自身2度目で、中学2年の時に高円宮杯決勝で神戸に負けていて、試合にも出ていたけど何もできなくて悔しい舞台だったので、即席のチームだけど、まずはみんなで楽しんでやろうと思っていた。それに高校選抜よりJユースのほうが技術もあるし、思いっ切り圧倒してやろうと思って、プライドというか、負けちゃいけない試合だった。(実際は0-0のドローに終わって)球際が強いし、相手は最後までやりきってきた。ユース年代だとつないでくるけど、タテに速くくるのが高校サッカーの特徴。そういう意味ではあまり慣れていなくて苦労した」

[写真]=嶋田健一

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA