2013.01.06

福岡大の乾真寛監督「優勝を意識したことが堅さになった」/インカレ決勝

福岡大は、日本代表MF清武弘嗣の実弟である清武功暉(左)を擁しながら決勝で敗れた

 平成24年度第61回全日本大学サッカー選手権大会(通称インカレ)の決勝戦が6日、国立競技場で行われ、早稲田大学(関東地区第3代表)が福岡大学(九州地区第1代表)を3-1で下し、5年ぶり12回目の優勝を決めた。

 試合後、福岡大の乾真寛監督は以下のように敗戦を振り返った。

「3度目の決勝戦でしたが、残念な結果でした。ここまでの勝ち上がりが、いい勝ち方でしたが、年末年始を挟んで、勝ちを、優勝を意識したことが堅さになったと感じています。何でもないミスから失点をし、これまで乗り越えたものが駄目で、残念です。早稲田さんはこの場に来てチームが勢いを増していた。伝統の力もあると思いますが、我々も4年で2回この場に立ったし、選手たちを『よくやった』と評価したいです。もちろん、足りない部分もありますので、力をつけてここに帰ってきたいです」

[写真]=平山孝志

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る