2013.01.06

女子大学選手権連覇の日体大、矢野監督「ホッとした。学内に駅伝に続けという雰囲気があった」

 第21回全日本大学女子サッカー選手権大会の決勝が6日に行われ、日本体育大学と早稲田大学が対戦。2-1で勝利した日本体育大学が2年連続15回目の優勝を果たした。

 試合後、両チームの監督は以下のように振り返っている。

■日本体育大学、矢野晴之介監督
「優勝できてホッとしている。日本体育大学では、『駅伝に続いて女子サッカーも優勝だろう』という雰囲気があった。ただ、我々にその意識はなく、今日を迎えました。早稲田さんにずっと勝ったことがなく、チャレンジャーのつもりで臨みました。選手たちが一生懸命やってくれた結果だと思います」

■早稲田大学、長岡義一監督
「早稲田(女子)の前半戦を見てみると、日頃やっているサッカーができていなかった。それが敗因だとも思います。後半は少し修正、ワイドな攻撃ができるようになった」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る