2013.01.01

[高校サッカー選手権1回戦 旭川実-大津]“弱者の自覚”で勝利プランを描く

優勝候補の一角と見られていた大津が1回戦で姿を消した [写真]=平山孝志

第91回全国高校サッカー選手権大会 1回戦 旭川実-大津
2012年12月31日(月)/12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/観客3000人/試合時間80分

旭川実 0(0-0、0-0、PK3-2)0 大津

 組織的にブロックを作る旭川実に対し、大津は(5)植田や(6)児玉の正確なパスから左の(10)豊川、右の(15)土肥が果敢に仕掛けるが、そこから中央のフィニッシュが合わず。対する旭川実の攻撃も中盤は2人のボランチ、前線へのクサビのパスは(5)植田に封じられた。相手のミスからの2本のミドルがクロスバーに嫌われた大津だが、旭川実の守備を崩し切れずにセットプレーも不発。終盤には大津が186センチの(5)植田を前線に上げ、(10)豊川をトップ下に置く布陣で勝負をかけるも、決勝ゴールを奪えないままPK戦へ。どちらも2人目が外したが、大津はさらに4人目、5人目が外し、旭川実が勝ち上がり。優勝候補の一角と見られた大津は、年を越さずに大会から姿を消すこととなった。

◆“弱者の自覚”で勝利プランを描く

「(大津の)個の能力はどのポジションを取ってもうちより高い。それを組織でどうしようかということ」と旭川実の富居徹雄監督はいい切った。確かに大津には“超高校級”と認められる186センチの(5)植田直通がおり、その植田と共にJ1の鹿島アントラーズ行きが内定している(10)豊川雄太、さらにU-16日本代表を経験している選手が何人もいる。それに対し旭川実は「ここ数年でももっとも下手」と指揮官が認めるチームだ。

 現在、この年代の最高峰といわれるプレミアリーグEASTでは、1位になった東京ヴェルディなどを相手に1分17敗で断トツの最下位に終わった。しかし、その経験は“格上”の相手にどう対抗するか、という意識と経験をチームに植えつけた。「勝とうと思って試合に臨んでいる」と富居監督。大津に対しても、(2)遠藤元一や(3)石井源の統率力を頼りに県予選で無失点の守備組織を集中させ、大津の(10)豊川や(15)土肥に縦を突かれても粘り強く立ちはだかり、特にペナルティーエリアで決定的なフィニッシュを許さなかった。そうした中で前半27分に大津の(6)児玉卓也、38分に(14)山本宗太郎のミドルシュートがクロスバーをたたいた場面は、「イージーなミスから」と富居監督。ただ、そのミスも後半に向けて改めて守備意識を引きしめる礎となったのは確かだろう。

 一方で攻撃は前半に関しては(5)植田の手前にボールを運ぶことすらままならなかったが、後半はやや焦りの見えだした大津を前に(9)寺林研人や(11)山本真司がバイタルエリアの周辺で前を向いてボールを持つ場面も増えた。それだけに「得点を流れから取れるチャンスが全くなかったわけではない」と指揮官も悔やむが、それでもスコアレスのまま80分を終える試合運びは想定内だろう。終盤の攻撃もしっかりしのいでPK戦をものにし、大方の下馬評を覆して優勝候補の大津を敗退に追いやった。

「どこも大津が来なくてよかったと思ってるんじゃないですか?」と富居監督。ただ、だからこそこの先も組織を駆使し、可能性の限りをつくして泥臭く、“弱者”ならではの戦いで上を目指して行くのも、ある意味で彼らに課せられた使命といえるかもしれない。

◆試合後コメント
旭川実・富居徹雄監督
「大津は個人の能力というか力のあるチーム。相手がサイドから入ってくるのは想定していて、その消し方も分かっている中で子供たちが考えて対処できていたと思う。ただ前半はミスから(クロスバー直撃の場面など)何本かチャンスを作られてしまったので、後半はミスを減らしていこうといった。こういう強い相手にどう対応して勝ちに持って行くかというのはプレミアリーグの経験で生まれていたが、90分のゲームならまた違っていたものになっていたかもしれない。PKに向けては『下手くそなんだから普通どおりやれ』と(笑)。普通じゃなかったですけどね。(2番手で外した)(11)山本なんかは小学生みたいなキックミスでしたし。次に向けてはもっとしっかり収めることですね。ただ大津は素晴らしいチームで、僕がこういうチームを作り上げたい。どこも大津が来なくてよかったと思ってるんじゃないですか?」

河治良幸(フリーライター)取材・文

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る