2012.12.27

赤嶺真吾「仙台、宮城、東北の星というものを表せたシーズン」/チャリティーマッチ

得点後にメンバー全員で“東北”の人文字を作る東北ドリームス

 JPFA(日本プロサッカー選手会)により東日本大震災の復興支援を目的とした「チャリティーサッカー2012」が26日に行われ、東北にゆかりのあるJPFA所属選手が集まった「東北ドリームス」と、海外組が中心となった「JAPANスターズ」が対戦。5-2で「JAPANスターズ」が勝利した。

 試合後、「東北ドリームス」の赤嶺真吾と関口訓充は、以下の様にコメントした。

赤嶺真吾
「自分たちが楽しみながらできたので良かったと思います。寒い中、年末で忙しい時にスタジアムに駆けつけてくれたファンの皆さんに感謝したいです。少しでも何らかのメッセージが伝わればいいなとは思ってプレーしました」

「(今季を振り返って)充実はしていましたけど、優勝争いをしていた分、悔しい気持ちも強いです。来年またこの悔しさを励みに頑張りたいです。(他チームの選手や海外でプレーする選手とプレーできた点は)楽しみながらできました。良い経験でした」

「(震災の復興という点で1年を振り返って)復興元年ということで仙台、宮城、東北の星になろうという話はチームでしていました。多少はそういうものを表せたシーズンだったかなとは思います」

関口訓充
「このスタジアムで、この雰囲気でサッカーができるのは最後だと思いますし、チームは変わりますけど、このスタジアムでまたスタメンで出れるように、戻って来られたらいいなと思います」

「(試合中には関口コールもありましたが?)サポーターの皆さんには本当に感謝しています。自分のいた9年間、このスタジアムをホームとしてやってきましたし、そういうものを噛み締めながらピッチを走っていました。みんなにこういう形でお別れができて良かったです」

「(今季を振り返って)ベガルタにとっては非常に良い1年でした。自分にとっては試合に出られない時もあって悔しい部分もありました。でも全てが自分にとって良かったと思いたいです。次にプレーする浦和でも、また1からやろうと思っています。もちろん、被災地のことはずっと頭に入れて頑張っていきたいです」

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る