2012.12.27

安田理大「気合がサポーターに伝わっていたらうれしい」/チャリティーマッチ

安田(右)は長友佑都(左)とともに太鼓パフォーマンスでも盛り上げた

 JPFA(日本プロサッカー選手会)により東日本大震災の復興支援を目的とした「チャリティーサッカー2012」が26日に行われ、東北にゆかりのあるJPFA所属選手が集まった「東北ドリームス」と、海外組が中心となった「JAPANスターズ」が対戦。5-2で「JAPANスターズ」が勝利した。

 試合後、「JAPANスターズ」の安田理大と酒井高徳は、以下の様にコメントした。

安田理大
「(半袖でのプレーについて)僕はいつも半袖なんでね。その気合がサポーターの皆さんに伝わっていたら僕はうれしいです。今日はスタジアムの雰囲気も良かったし、点もいっぱい入ったし、ゴンさん(中山雅史)のあの形で締めくくれたし、選手もみんな楽しかったんじゃないですか」

「この寒い中、13000人も集まってくれたし。こういうことは続けていくことが大事で、ヨーロッパのチャリティーマッチみたいに日本ももっともっと盛り上げていけたらいいなと思いますね」

酒井高徳
「被災地の皆さんに元気を届けるためにこの企画ができたわけで、その一員として呼んでもらったので、自分が頑張っている姿、必死にボールを追っている姿を見せようと思ってプレーしました。頑張っている僕たちを見て、子供たちが夢を持ってくれたり、大人の方たちも『復興に向けて頑張ろう』と思ってもらえたらうれしいですよね」

「僕自身、新潟で地震だったり津波だったりを経験しているので、災害の怖さも知っているし、ちょっとした揺れでも『またくるんじゃないか』と不安になってしまう。そういった恐怖というのは簡単に癒えるものではないし、いつまでも残るものだけど、それを一瞬でも忘れられるような出来事を僕らが起こすことが大切だと思います。少なくとも今日の45分ハーフのゲーム、90分の間はそれを忘れられていたはずだし、そういう考えを持ちながら、何か1つでも良いので今後も力になっていきたいです」

「今日はゴールパフォーマンスを含め、スタジアムに来た方々に喜んでもらえたと思うし、非常に良い機会だったなと思いますね」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る