2012.12.26

“ゴンゴール”も生まれたチャリティマッチ、海外組活躍のJAPANスターズが勝利

国内外で活躍する選手が仙台に集結した [写真]=足立雅史

 JPFA(日本プロサッカー選手会)により東日本大震災の復興支援を目的とした「チャリティーサッカー2012」が26日に行われ、東北にゆかりのあるJPFA所属選手が集まった「東北ドリームス」と、海外組が中心となった「JAPANスターズ」が対戦した。

 東北ドリームスはキャプテンを務めた佐藤寿人や大津祐樹などがスタメン。一方のJAPANスターズは長谷部誠がキャプテンとなり、安田理大や原口元気といった面々が先発出場した。

 試合は、序盤からJAPANスターズが優位に進めると、8分に安田のパスを受けた鈴木武蔵がペナルティエリア内左からキーパーの位置を冷静に見て、ゴール右へ決めた。ゴール後には、ベンチスタートの今シーズン限りで現役を引退する坂本紘司を胴上げするパフォーマンスを見せた。JAPANスターズは、13分にも石川直宏のCKからニアサイドの長谷部がヒールで流し、ファーサイドの播戸竜二が押し込み、追加点を挙げた。

 劣勢だった東北ドリームスだったが、32分に大津のパスを受けた東浩史がペナルティエリア中央からゴール右へ流し込んだ。こちらは得点後にメンバー全員で“東北”の人文字を作って、観客を喜ばせた。

 後半に入ってからはJAPANスターズの酒井高徳や乾貴士、宇佐美貴史、高木善朗などが続々と登場。試合に出場しなかったが、会場に訪れた長友佑都が太鼓でのパフォーマンスで会場を盛り上げる場面も見られた。

 73分には右サイドで仕掛けた三都主アレサンドロがクロスを送り、DFがクリアしたボールを拾った高木が決めて、JAPANスターズが差を広げると、直後にも乾が4点目を決めた。

 88分に東北ドリームスは、飯尾一慶が決めて1点を返す。直後に長友と同じく会場に姿を見せた内田篤人が主審として試合を裁く一幕を見せた一戦は、90分に先日現役引退を発表した中山雅史が宇佐美のパスから得点し、試合のトリを飾った。JAPANスターズが東北ドリームスに5-2で勝利している。

 なお、27日には、各被災地を選手たちが訪問する予定となっている。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る