FOLLOW US

関東第一、選手2名の陽性で準決勝出場を辞退…大津が選手権決勝へ

[写真]=野口岳彦

 日本サッカー協会(JFA)は7日、関東第一高校が第100回全国高等学校サッカー選手権大会・準決勝への出場を辞退することを発表した。準決勝で同校と対戦予定だった大津高校が決勝に進出する。

 発表によると、準決勝に進出した4チームを対象に検査を行った結果、関東第一高校の選手2名から新型コロナウイルスの陽性反応が認められた。現時点ではスタッフも含めて、当該者以外からの体調不良の報告はないという。

 関東第一高校およびサッカー部の関係者は大会感染対策ガイドラインの内規に則り、正規登録チーム(選手30名及びチーム役員)に代わる予備登録チーム(選手14名及び正規登録チーム以外のチーム役員)での出場について検討。その結果、同校は準決勝への出場を辞退することになった。

 なお、その他の3チーム(大津、青森山田、高川学園)は全員の陰性が確認されており、準決勝の青森山田vs高川学園、および決勝戦は開催を予定している。

 JFAは「引き続き、健康観察を継続しつつ、検査体制の強化および感染防止対策の徹底により、準決勝・決勝を開催致します。今後も感染拡大防止と安全確保を最優先に、さらなる注意喚起や健康状態の確認に引き続き細やかに取り組むとともに、自治体や保健所、関係当局の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」とコメントしている。

 また、関東第一の小野貴裕監督は、「今大会だけでなく、この2年間できる限りの対策を講じてきました。それでも陽性者が出てしまった以上、大会・相手校に迷惑はかけられないと判断しました。チームは動揺が隠せない状況ですので、個別の取材はご遠慮頂けますと幸いです」とコメント。

 全国高体連サッカー専門部 大会実行委員長の玉生謙介氏は、「100回大会でこのようなことになったのは大変無念です。関東第一高校はこれ以上ない感染対策をしてきたと聞いています。それでもこのような事態になり関東第一高校の関係者の方々のことを思うと胸が痛みます。残りの2試合に関しましては、より一層の感染対策を講じ選手、関係者の安心・安全を確保して実施をしてまいります」とコメントしている。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO