FOLLOW US

2点目を決めた山梨学院“10番”FW野田、優勝を噛み締め「すごいことを成し遂げたなと」

野田のゴールを称える選手たち [写真]=野口岳彦

 第99回全国高校サッカー選手権大会決勝が11日に行われ、山梨学院(山梨)がPK戦の末に青森山田(青森)を下し、11大会ぶり2度目の優勝を手にした。試合後、チームの“10番”を背負い大会優秀選手にも選ばれたFW野田武瑠がインタビューに応じた。

 まず試合を終えて「皆の顔も見て、本当にすごいことを成し遂げたなと思いました。辛いこともあったが、頑張って来て良かったです」と率直な感想を口にした。

 そして決勝の舞台で記録したチームの2点目についても「(途中からFW)笹沼が入り、預けられる選手なので、自分も前に行けました。そしてボールがこぼれてきてがむしゃらに打って、入って良かったです。10番でやってきて、いろいろな人から頑張れよ、次は点取れよとメッセージをくれていたので、それに応えられて良かったと思います」とコメントした。

 しかし、前半に先制しながらも一度逆転を許すかたちとなった試合展開について「正直やばいと思っていました。これまでの戦いも青森山田は強かったし、圧倒していましたから。でも熊(GK熊倉)を中心に声をかけて、諦めない気持ちで戦ったことが(勝利に)つながったと思います」と心境を明かした。

 また、2年前に就任した長谷川監督についても「自分のことをすごく気にかけてくれて、上手くいっているときもいっていない時も声をかけてくれて、調子悪い時も使い続けてくれました。今日、決勝で同点ゴールを決められて良かったです。感謝しています」と自身の想いを口にした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA