2019.11.01

高校選手権応援歌に続き…三阪咲手掛ける“みんなのアンセム”が完成

応援歌に続き、みんなのアンセムを担当する三阪咲さん [写真]=日本テレビ
サッカー総合情報サイト

 11月1日、日本テレビは、12月30日から2020年1月13日にかけて開催される第98回全国高校サッカー選手権大会の“みんなのアンセム”として『We are on your side』が完成したと発表した。

 “みんなのアンセム”は大会史上初の試みで、応援歌『繫げ!』を歌う三阪咲さんが手掛ける。日本テレビは「例年同様選手達に送る言葉を中心に紡ぐ『応援歌』に加えて、選手を支える周りの方々と共に寄り添う『言葉』や『想い』もどうにか表現する方法がないか、という三阪咲さんの想いに強く賛同し、史上初の試みとして楽曲制作が決定した、新たな高校サッカーソングです」と、説明している。

 現役高校1年生の三阪さんは、史上最年少で今大会の応援歌を担当しているYouTubeやSNSで同世代を中心に人気が上昇中のシンガー。応援歌『繋げ!』は先日発表されており、三阪さんは地区予選の決勝会場数カ所でもパフォーマンスする予定となっている。

第84回(2005年度):コブクロ『Starting Line』
第85回(2006年度):絢香『Start to 0(Love)』
第86回(2007年度):RIP SLYME with MONGOL800『Remember』
第87回(2008年度):いきものがかり『心の花を咲かせよう』
第88回(2009年度):FUNKY MONKEY BABYS『明日へ』
第89回(2010年度):WEAVER『キミノトモダチ』
第90回(2011年度):ナオト・インティライミ『Message』
第91回(2012年度):miwa『ホイッスル~君と過ごした日々~』
第92回(2013年度):GReeeeN『僕らの物語』および『僕らは物語』
第93回(2014年度):大原櫻子『瞳』
第94回(2015年度):BLUE ENCOUNT『はじまり』
第95回(2016年度):家入レオ『それぞれの明日へ』
第96回(2017年度):Little Glee Monster『いつかこの涙が』
第97回(2018年度):Mrs. GREEN APPLE『僕のこと』
第98回(2019年度):三阪咲 応援歌『繫げ!』/みんなのアンセム『We are on your side』

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング