2019.07.30

勝負を決めた秘策は「ニア勝負」…仕込んだ武器で富山第一が初のインハイ4強に!

富山第一は丸山以祐(中央)のゴールを皮切りにセットプレー3発で徳島市立に勝利した
サッカー総合情報サイト

 今大会の全3試合で無失点を続けていた“阿波のカテナチオ”徳島市立(徳島)を富山第一(富山)がセットプレー3発で粉砕した。

 前半4分、DF真田滉大が右サイドから左足で蹴り込んだCKが相手GKのミスを誘う。こぼれ球をDF丸山以祐が頭で押し込んで先制点を奪うと、前半アディショナルタイムにも再び真田の左足CKからゴールを破った。

「あれは狙い通りでした」という真田のキックから、今度はニアのDF吉藤廉が頭で合わせて2-0とした。徳島市立のGKは、188cmの大型守護神・中川真。中央、ファーサイドの競り合いで勝負しても彼に勝つことは難しい。それだけに、富山第一は前日練習で「ニア勝負」を確認。1点目は相手のミスによる幸運なものだったが、2点目は狙い通りの「ニア」で攻略した。

 富山第一は後半にもPKで加点。試合終了間際にもCKからDF前川泰聖がクロスバー直撃のヘディングシュートを放っている。徳島市立のGK中川は、相手のセットプレーについて、「ジャンプ力が高いし、研究されていて(前に)出られないシーンがあった」と振り返っていたが、相手の強みも消す形も含めて「武器」を準備し、発揮した富山第一が初のベスト4へ駒を進めた。

 富山第一は普段から、公式戦前日はセットプレーの練習に時間を割いているのだという。右足のプレースキックを担当するMF小森登生は、「昨日は練習の8割くらいの時間」をかけてCKやFK、ロングスローの準備をしてきたことを明かす。

「試合の前日はセットプレーをしています。上手くいくまでやったりしています。(今日も攻略する)自信はありました」(小森)というこだわりのセットプレー。近年はトリッキーなセットプレーを優先しがちで「怖いボールが蹴られなかったり、飛び込めなかったことがあった」(加納靖典コーチ)ことから、今年は原点に戻って怖いボールを蹴る、飛び込むことを目指してきた。その成果が、1点の重みが大きいインターハイで表現されている。

 今大会3試合で1失点の堅守に加え、セットプレーで複数得点していることはチームの自信に。「まだ見せない方が良いと思って温存しています」(小森)というトリックプレーもあるというだけに、ファイナル進出を懸けた尚志(福島)との準決勝も彼らのセットプレーから目が離せない。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
56pt
FC東京
56pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
72pt
山形
64pt
横浜FC
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
52pt
藤枝
50pt
群馬
49pt
Jリーグ順位をもっと見る