2019.07.24

インハイ初戦で王者同士がいきなり激突! 冬の王者・青森山田が挑む“三冠”への戦い

青森山田の中心を担う武田英寿 [写真]=吉田太郎
育成年代を中心に取材活動を展開。

 昨年度の選手権で2年ぶり2回目の日本一。優勝メンバーからMF檀崎竜孔(現・北海道コンサドーレ札幌)やMFバスケス・バイロン(現・いわきFC)らが卒業し、新主将を務めるMF武田英寿(3年、浦和レッズ内定、U-18日本代表)を除くと大きく入れ替わったが、青森山田は今年も変わらない強さを見せつけている。

 高校年代最高峰のリーグ戦であるプレミアリーグEASTでは、開幕から第10節まで8勝2分。現在6連勝中で、2位・柏レイソルU-18に勝ち点7差をつけて首位を独走している。快進撃の要因は守備だ。10試合中5試合を完封勝利。特に中断前の3試合では前年王者の鹿島アントラーズユース、市立船橋、流経大柏をいずれもシュート3本に封じて快勝した。

 青森山田の守備は味方の「ゴールを隠す」ことを徹底して相手のシュートコースを消し、よりゴールの可能性を低くするために、クロスも満足に上げさせない。例年、切り替えの速さ、強度の高い守備は定評があるが、今年もボランチからCBにコンバートされたU-17日本代表DF藤原優大(2年)や新守護神として堂々のプレーを見せているGK佐藤史騎(3年)、CB箱崎拓(3年)、MF古宿理久(3年)らを中心に、表現されていることが強さの源となっている。

 そして、攻撃の中心が武田だ。プレミアリーグEASTではMFながら6ゴールで得点ランキング首位タイ。「今年に入ってから自分が点獲ってやるという気持ちでやっている。(特に)最近、シュートの意識を持って打てている」という武田は、PKを含めてではあるものの得点数を伸ばし、7月上旬のU-18日本代表候補合宿でも紅白戦でファインゴールを決めていた。

 狭い局面でもボールを受けるセンスが抜群で、ゲームをコントロールする力やアイディアのあるラストパスなどで評価を高めてきた。ただし、それだけでは上のステージで活躍することは難しい。そこで、武田は多少難しい体勢からでもシュートを打つことを意識。パンチ力のある左足ミドルも積極的に放つようになり、勝敗を決定づけるような活躍を続けている。

 武田は今年の目標について「三冠を目指していく」ときっぱり。インターハイはプレミアリーグ、選手権を含めた三冠への第一歩となる大会だ。その初戦の対戦相手は2017年度選手権日本一の前橋育英。いきなり新旧の選手権優勝校が激突することになった。ただし、選手に硬さは見られない。武田は「初戦から前橋育英といういい相手とやれるので、しっかり勝って優勝まで行けたら良い」。強豪対決を突破して三冠への弾みをつける。

文=吉田太郎

令和元年のインハイプレビューのバックナンバー

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
49pt
鹿島アントラーズ
45pt
横浜FM
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
大宮
52pt
京都
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る