2019.03.08

今年の目標は「全国優勝です」…ついにベールを脱ぐ逸材揃いの新世代【ミズノスペシャルマッチ/日大藤沢】

育成年代を中心に取材活動を展開。

全国優勝世代が歴史を塗り替える――。神奈川の強豪・日大藤沢は14年度の選手権でベスト4。17年のインターハイでは市立船橋から劇的な勝利を挙げるなど準優勝した。17年には関東・静岡から強豪校の1年生が争うルーキーリーグで初優勝。注目世代の勢いは止まらず、全国ルーキーリーグ交流大会では日本一に輝いている。

1年時からレギュラーで複数のJクラブが熱視線を送るMF植村洋斗(2年/17年全国ルーキーリーグ交流大会MVP)をはじめ、CB青木駿人主将(2年)やFW布方叶夢(17年関東・静岡ルーキーリーグMVP)らタレント揃い。植村やFW平田直輝(2年)ら主力候補を欠いて戦った「ミズノスペシャルマッチ」の矢板中央戦でもボール支配で大きく上回り、その崩しの質などで今年のチームの技術力、ポテンシャルの高さを印象付けた。

矢板中央戦で鮮やかな連係からゴールを決めたMF中村駿(2年)は今年の目標について「全国優勝ですね。まずは春に関東予選があるんですけれども、まずは関東を取って全国に名を轟かせたい」とコメント。冬のフェスティバルでも強さを印象づけ、超大型FW鈴木輪太郎イブラヒーム(1年)ら下級生にも逸材擁する日大藤沢は今年、本気で日本一を狙っている。

だが、まだ足りない部分もある。矢板中央戦では2度のリードを奪い、3点目のチャンスを幾度も作りながら追加点を奪うことができなかった。逆に終了間際に集中力を欠いたプレーが続いて逆転負け。それだけに、布方は日常の甘さを指摘する。他校に比べて意識しているとは言え、部室の整理整頓など自発的な部分がまだ出てきていない。だからこそ、「言われなくてもやるところが結果にも繋がると思います」と語り、日常から“細部”にこだわることを口にしていた。

「ミズノスペシャルマッチ」が行われた2月11日、選手たちはミズノが部活生のために作り上げた新シューズ「MONARCIDA NEO」の試し履き会に参加。「MONARCIDA NEO PRO」を着用した俊足アタッカーMF岡田怜(2年)が「履いた時にフィット感が凄くて、自分の技術がそのまま出そうだなと思います。スピードとかドリブルが武器なので、すごく合うかなと思います」と感想を口にするなど、選手たちは部活生のために作成された「MONARCIDA NEO」シリーズの圧倒的な軽さとフィット感などを体感した。

全国トップを争う戦いでは、“細部”や“一瞬の差”が勝敗を分ける。「MONARCIDA」シリーズの軽さ、確かなグリップ力はその戦いを制すための“一瞬の差”をもたらしてくれるはずだ。日大藤沢の選手たちは自分の力を引き出してくれる一足とともに、“細部”にまでこだわり、より隙のないチームへ成長を遂げて日本一を勝ち取る。

 

MONARCIDA NEOシリーズを試し履き!

 

MF岡田怜

「MONARCIDA NEO PRO」を履いた感想を教えてください。
「履いた時にフィット感がすごくて、自分の技術がそのまま出そうだなと思います」

軽さが特長のスパイクだが、他のスパイクと比べても軽い?
「そうですね。軽かったです」

普段履いているスパイクは?
「REBULA(レビュラ)です。元々BASARA(バサラ)を履いていて、それがなくなったので流れで履くようになりました」

グリップ力など他の印象を教えてください。
「まず、ターンしやすいと思いました」

自分の力を引き出しやすい部分はあった?
「スピードとかドリブルが武器なので、すごく合うかなと思います」

赤のデザインの印象はどうかな?
「(試し履きをする前に)まず見た時に、格好いいなと思いました」

ミズノスペシャルマッチでは縦突破からアシスト。自分の見て欲しい部分は?
「一番の武器はスピードなので、スピードに乗りながらのドリブルを一番見て欲しいです」

今年の日大藤沢はメンバー争いも激しい。
「その分、自分も成長しなければいけないと思うので、良い環境だと思います」

チームとしても手応えがある。
「去年多くの2年生が経験できた分、強い相手とやっても『やれるな』とみんな感じているはずです」

今年の目標について教えてください。
「もちろん、“日本一”ということだけを考えてやりたいと思っています」

個人としては?
「スタメンで出て、スピードやドリブルでは誰にも負けないでやっていきたいと思っています。50m走のタイムは6秒2ですけれども、(チーム内で)僕よりも速いヤツはいないと思います」

MF布方叶夢

「MONARCIDA JAPAN」を履いた感想を教えてください。
「いつも履いているMORELIA(モレリア)と少し皮革の部分が似ていて、普通に足にフィットしましたし、タッチ感が良かったのでやりやすかったです」

普段、MORELIAを履いている理由は?
「一番の理由は天然の皮革が良いから。あとはワイドのものが良かったので履いています」

「MONARCIDA JAPAN」のボールタッチの感覚やフィット感についても教えてください。「素足感覚」に近いかな?
「足にフィットしましたし、ボールも触りやすかったので、今履いているスパイクと変わらなかったです。機会があれば、履いてみたいと思っています。まだ皮革が硬かったけれど、履いていけば(素足に)近づくと思います」

自分の特性を引き出せる部分はある?
「ドリブルするのが好きなので、ドリブルするために天然皮革の部分を上手く生かして、トラップやタッチからこだわってやっていきたい」

デザインについてはどうかな?
「好きな色でした。シンプルが好きなので普通にシンプルで格好良いなと思いました」

ルーキーリーグで日本一になった世代。チーム、個人としての成長をどう感じている?
「新チームになって2回大きなフェスティバルがあって、どちらも準優勝で優勝できなかったし、練習での甘いところが結びついていると実感している。日藤は私生活の部分からしっかりしているけれど、部室を綺麗にしたりするところから、言われなくてもやることが結果にも繋がると思います。(個人としては)体を結構鍛え始めて3、4か月経ちます。ドリブルとかターンとか上手くできなかったんですけれども、素早く行けるようになりました」

見て欲しい部分は?
「ドリブルで運んでからのシュート。良い形で運んでからのフィニッシュが持ち味なので磨いていきたい。こだわってやっているんですけれども、まだ結果が伴っていないです」

今年に懸ける思いは特別。目標は?
「自分の力を全力で出して全国を見ているんですけれども、まずは近い神奈川を制してそこでも自分の点で勝つというところを求めていく。チームとしては守備からなので、まず守備をしっかりやって、攻撃で自分の良いところを出せれば良い。目標は“全国制覇”です」

MF中村駿

「MONARCIDA NEO JAPAN」を履いた感想を教えてください。
「ソールも結構MORELIAに似た感じがあって、止まりやすいと第一に感じました」

止まりやすいという部分で自分の武器を引き出せるところはある?
「僕はターンで相手を剥がすんですけれども、しっかり止まれるので次のプレーに移りやすいというのがあります」

普段履いているスパイクは?
「MORELIAです。フィット感と天然の皮革なので、伸びてきた時に自分の足に合ったものになるから。あと、軽いので履いています」

「MONARCIDA NEO JAPAN」は足入れのスムーズさなどが特長。
「フィット感がありましたね。横が最初からちょっと広めに作ってあって足がスッと入りました」

グリップの良さについてはどうかな?
「足が中で全然動かないので、踏ん張った時とかも足の指とか全部で止まれるという感じでした」

デザインはどう?
「白と青とか好きなので、あの色が店にあったら買おうと思っています」

個人としてはどういう1年に?
「今年、チーム内に1人プロ注目選手がいるんですけれども、彼だけ上手くても勝ち上がっていけない。そういう選手が何人かいると全国でも戦えるレベルになってくると思うので、自分もそのレベルに少しでも近づいていければと思っています」

個人的に見て欲しい部分は?
「(見て欲しい部分は)パスを出した後の攻撃への関わりとか崩し、相手を剥がすところとか、攻撃でチームの中心になっていくところです」

今年の目標を教えてください。
「全国優勝ですね。まずは春に関東予選があるので、関東を取って全国に名を轟かせたいです。昨年は尚志が繋いで魅せるサッカーをしていた。(青森)山田や流経(大付属柏)のようにガツガツ来るチームも良いと思うけれど、全国で見ていて楽しいサッカーができるチームにしたいです」

 

 

MONARCIDA NEO JAPAN

(モナルシーダ ネオ ジャパン)

 

ミズノ不朽の名作『MORELIA(モレリア)』と同じ日本の工場でつくられる、MONARCIDA NEOシリーズのトップモデル。MORELIA NEO Ⅱと同じアウトソールを採用し、軽量性と激しいプレーをサポート。さらに、土踏まず、ハトメ端部、かかとの構造や素材にこだわり、抜群のフィット感を実現した。

商品情報
■品番 P1GA1920
■価格 \17,280 (本体価格\16,000)
■サイズ 22.0~28.5cm
■甲材 人工皮革・天然皮革(ウォッシャブルカンガルー)
■底材 合成底
■質量 約200g(27.0cm片方)
■インソール ゼログライドカップインソール(取り外し可)
■原産国 日本製
■カラー 03:ブラック×シルバー×イエロー 27:ブルー×シルバー

 

 

 

MONARCIDA JAPAN

(モナルシーダ ジャパン)

 

MORELIA Ⅱの魂を受け継ぐ、ミズノこだわりの一足。多くのプレーヤーに愛されてきたMORELIA Ⅱの“素足感覚”を追求し、同じ金型を使用したアウトソールを搭載。従来品から2.5倍のグリップ性能を持つ『ゼログライドカップインソール』との相乗効果で、部活生のパフォーマンスをサポートしてくれる。

商品情報
■品番 P1GA1921
■価格 \15,120 (本体価格\14,000)
■サイズ 23.0~29.0cm
■甲材 人工皮革・天然皮革(ウォッシャブルカンガルー)
■底材 合成底
■質量 約235g(27.0cm片方)
■インソール ゼログライドカップインソール(取り外し可)
■原産国 日本製
■カラー 19:スーパーホワイトパール×ブルー

 

 

 

MONARCIDA NEO PRO

(モナルシーダ ネオ プロ)

 

前足部を1ピース構造にしてソフトな履き心地を実現。さらに、素材にはマイクロファイバー人工皮革を使用することで、約195g(27.0cm片方)というシリーズ最軽量の一足に仕上がった。加えて履口やかかとにも柔らかい素材を用いてフィット感を向上させた。

商品情報
■品番 P1GA1922
■価格 \14,580 (本体価格\13,500)
■サイズ 24.5~28.5cm
■甲材 人工皮革、人工皮革(マイクロファイバー)
■底材 合成底
■質量 約195g(27.0cm片方)
■インソール ゼログライドカップインソール(取り外し可)
■原産国 日本製
■カラー 01:レッド×ホワイト×ブラック 14:ホワイト×ネイビー

 

 

ZEROGLIDE カップインソール

(ゼログライド)

 


MONARCIDA NEOシリーズに搭載されるミズノ独自のカップインソール。通常のインソールに比べて、2.5倍のグリップ性を実現。シューズ内での足の横ズレを抑制し、キレのある動きをサポート。一瞬の駆け引きや動き出しのスピードが向上し、練習や試合でのパフォーマンスに貢献してくれる。

『MONARCIDA NEO』

 

MONARCIDA NEOシリーズを試し履き!

 

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る