2019.01.11

福島県勢初の快挙へ…尚志の2年生エースは大一番を前にも「緊張はしていない」

2戦連続で決勝ゴールを挙げている尚志の2年生FW染野唯月 [写真]=小林渓太
サッカー総合情報サイト

 11日、第97回全国高校サッカー選手権大会の準決勝に臨む尚志(福島)が、前日練習を行った。準々決勝から中6日を空けて、青森山田(青森)と対戦する。

“快進撃”と言っても過言ではない勝ち上がりだ。尚志は1回戦で神村学園(鹿児島)にPK戦で勝利。すると、2回戦で東福岡(福岡)、3回戦では前回大会王者の前橋育英(群馬)と近年の優勝校を立て続けに撃破。準々決勝では帝京長岡に勝利し、2011年度大会以来となるベスト4進出を果たした。

青森山田との準決勝に向けて前日練習を行った尚志の選手たち

 練習後、取材に応じたFW染野唯月は、「昨年は1回戦で東福岡に負けて悔しかった。今回で選手権は2回目だけど、昨年は試合に出られなかったから『試合に出て活躍したい!』と思って練習を頑張ってきた。今大会は自分たちが全国制覇できると思ってやってきて、『それが今、目の前にある』という思いです」と話した。

 染野は2年生ながら背番号9を背負い、今大会で2ゴールを挙げている。その2点は前橋育英戦(2-1)、帝京長岡戦(1-0)での得点で、いずれも決勝点と勝負強さが光る。決勝進出を果たせば、福島県勢初の快挙となる。しかし、そこに立ちふさがるのは、2016年度王者の青森山田だ。同校はここまで3試合を戦い、11得点1失点と攻守に隙がない。それでも染野は、「緊張はしていない、楽しみたい」と大一番を待ち望んでいる。もちろん、見据えているのは“全国制覇”だ。

「優勝して泣いちゃうかもしれないけど、最後はロッカールームで笑って終わりたいです」

 勝負の一戦は12日、埼玉スタジアム2002でキックオフを迎える。

Jリーグ順位表

C大阪
3pt
札幌
0pt
ベガルタ仙台
0pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る