2019.01.03

名将・小嶺忠敏の采配ズバリ!千葉翼の得点で長崎総科大附属が勝利!

拮抗した試合を決定付けたのは、名将の勘だった [写真]=小林浩一
楽しみながら、うまくなろう! 足ワザのことならストライカーDX

取材・文=森田将義(提供:ストライカーデラックス編集部)

「自分のプレーはできなかったけど、結果を残せてよかった」。試合後、長崎総科大附の千葉翼はそう胸を撫で下ろした。決して満足の行くプレーができたとは言い難いが、県予選の4試合中、3試合でヘディングゴールを記録した得点感覚は健在。この日も得意のヘディングでチームを勝利に導いた。

 両チーム共に慎重な立ち上がりとなった中、千葉は「前線でプレスをかけてボールを奪い、シュートを打つことで自分たちのモチベーションを上げたかった」。最前線から積極的にボールを追いかけたが、奪ってからは浜松開誠館の堅い守りに苦しみ、シュートはわずか2本に終わった。

 エンドが変わった後半は、鈴木冬一とポジションを入れ替わり、右サイドハーフに移動。中央でボールをおさめた鈴木のパスを合図に、千葉がサイドから見せ場を作ろうとしたが、思うようにいかない。後半も半ばに差し掛かったが、スコアは動かず。ベンチからは「先生、千葉を交代させましょう」との意見が出た。しかし、この日勝利すれば選手権60勝目を達成する名将・小嶺忠敏監督に、勝負師としての勘が働いた。

「あの子は絶対に必要。頭が得意だから、もうしばらく辛抱しよう。大事な所で点を取ってくれるから、変えられない」と小嶺監督が千葉のプレー続行を決意すると、ベンチのやりとりの5分後には右サイドから古堅詩音のクロスがゴール前に上がった。身長は175センチと決して大型ではない。ただ、その分誰よりも空中戦を意識している。「クロスが上がった瞬間に相手の背後から前に入って、たたき込む」のが千葉の特徴で、この場面でも敢えて遅れてゴール前に飛び込むことで、フリーでのヘディング弾を決めた。

 名将の期待に応えた千葉の一撃からは、守備の集中を切らさず逃げ切りに成功。帝京長岡との3回戦に駒を進めた。勝利の立役者となった千葉は、「いい試合で得点を決める自信はあるので、次の試合でも点を決めたい」と早くも次戦を見据えた。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る