2018.12.29

<前橋育英>連覇へのキーマン、室井彗佑 飄々と狙うは頂点と得点王の座【選手権出場校紹介】

室井彗佑
前橋育英FW室井彗佑 [写真]=吉田太郎
株式会社ジェイ・スポーツ制作部第3制作チームプロデューサー。2003年の入社以来、WORLD SOCCER NEWS『Foot!』スタッフを8年間務め、2011年よりJリーグ中継担当プロデューサーに。

 劇的な勝利で全国切符を掴んだ直後。「一昨年が全国準優勝で、昨年が全国優勝でしょ。それで今年は県で負けたってなったらねえ。選手たちが一番プレッシャーを感じていたんじゃないですか」と笑った山田耕介監督の言葉を、キャプテンの若月輝(3年)が引き取る。「自分の中ではプレッシャーを感じたりして、背負っていた部分があったので、1つ解放された感じですね」。そんな背景の中で戦ってきたチームだからこそ、この男のキャラクターが際立つ。「自分はあまりプレッシャーが掛かっていないんです」。そう言い切れる室井彗佑(3年)が、“全国連覇”を期待される前橋育英のキーマンであることに疑いの余地はない。

「1年の頃も2年の頃もメンバーに入っていましたけど、全然成長できなかったので、今年に懸ける想いは違いました」と自ら語った通り、全国トップクラスの実力者が居並ぶ前橋育英で、1年時からAチームでプレーしながらも、定位置を確保し切れなかった室井がとうとう覚醒したのは今年のインターハイ予選。準々決勝と準決勝の2試合で3ゴールを叩き出すと、桐生第一と対峙した決勝でもヘディングで先制点をマーク。そこからの連続得点で一気に突き放したチームは、県の代表権を獲得する。

 印象深いのは試合後のこと。ヘディングの打点の高さを問われれば「良いボールが来たので。でも、自分ではよくわからないです(笑)」。守備時の献身性を問われれば「普通の走りは走れないんですけど(笑)、試合ではスピードも自分の特徴なので、常に走っていました」。飄々と、それでいてユーモアが混じる語り口に、独特のキャラクターが滲む。戦えるプレースタイルと対照的な雰囲気は、室井の魅力の1つと言っても差し支えないだろう。

 選手権予選でも勢いは止まらない。再び準々決勝と準決勝で合わせて3ゴールを挙げ、ファイナルへの道を切り開く。相手は桐生第一。今年の公式戦では2勝1分2敗とまったくのイーブン。県内最大のライバルを前に、室井も「『絶対負けない』という気持ちで」臨んだゲームは、後半に入って46分に先制を許してしまう。

 ところが、その逆境は“室井ショー”の幕開けに過ぎなかった。53分。室井がエリア内でマーカーともつれて転倒すると、主審はPKという判定を下す。2トップのパートナーでもあり、松本山雅FC加入内定の榎本樹(3年)もスポットに近寄ったものの、「シュートには自信があるので外す気はしなかった」11番は譲らず、自ら左スミへ突き刺してみせる。

 圧巻は1-1で迎えた後半のアディショナルタイム。若月のクロスに食らい付いた室井は、いったんボールを失い掛けたものの、「『最後は体を張らないと』と思って」スライディングで奪い返すと、すかさずトーキックでフィニッシュ。軌道はゴールネットへ吸い込まれる。「試合前から『絶対自分が決めて勝つ』と思っていたので、決めれて良かったです」と振り返る一撃は、前橋育英を冬の全国へ導く劇的弾。「神様に見えましたよ」と山田監督も称賛した“ショーの主役”は「まあ『持ってるな』とは思っています(笑)」と、らしいフレーズで喜びを表現してくれた。

 2人の“同級生”の存在も刺激になっている。1人はサンフレッチェ広島ユースの松本大弥。もう1人は横浜F・マリノスユースの椿直起。室井にとっては横河武蔵野FCジュニアユース時代のチームメイトであり、どちらも来年の春からプロの道を歩み出す。加えて椿はJユースカップで、松本は高円宮杯プレミアリーグファイナルで、揃って日本一を経験。「凄く良い刺激ですし、自分も負けたくないです」と言及する彼らに見せたい結果は、自ずと集約されていく。

 狙うは全国の頂点と大会得点王。「今年は自分たちの代で日本一を獲りたいですし、苦しい時に点を取れるのがストライカーだと思うので、全国でもしっかり結果を残していきたいと思っています」と意気込みながら、「自分はあまりプレッシャーが掛かっていないんです」とも言い切れる室井彗佑が、“全国連覇”を期待される前橋育英のキーマンであることに疑いの余地はない。

取材・文=土屋雅史

【選手権出場校紹介】のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
67pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
60pt
藤枝
60pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング