2018.11.17

駒澤大高が2年ぶり4回目の選手権へ! 帝京、反撃及ばず9年ぶり出場ならず

東京都Bブロック代表となった駒澤大高 [写真]=野口岳彦
サッカー総合情報サイト

 第97回全国高校サッカー選手権大会の東京都予選Bブロック決勝が17日に行われ、帝京と駒澤大高が対戦した。

 一昨年の決勝と同カードとなった一戦。その時は駒澤大高が全国へ行き、ベスト8まで進出した。両チームとも4-4ラインを作って臨んだ試合は、早々に動く。7分、駒澤大高は右サイドのロングスローがゴール前で混戦を呼び込むと、江藤惇裕(3年)の右足ボレーと涌井蓮(3年)のヘディングは枠に嫌われたが、最後は羽鳥陽祐(3年)が頭で押し込んで先制する。

 中盤で素早く囲い込み、帝京にペースを握らせない駒澤大高は26分にも追加点。右サイドからのFKから、相手クリアを拾った涌井がシュート。しっかりミートできず、ゴール右へそれていく弾道だったが齋藤我空(3年)が右足で突いてネットを揺らした。

2点目を決めた齋藤(右) [写真]=野口岳彦

 2点ビハインドとなった帝京は前半のうちに2枚替えを敢行。60分までに3枚目も投入すると、61分に実を結ぶ。佐々木大貴(3年)が左サイドから中央へカットインすると、いったんは相手DFとの間で詰まってしまうが、粘ってキープ。エリア内中央から右足でゴール右上へ落ち着いて決めて、1点を返した。もう1点が必要な帝京は猛攻を仕掛けるが、駒澤大高は集中を切らさずホイッスル。2-1で勝利した駒澤大高が2年ぶり4回目の選手権出場を決めた。

200人越えの部員や生徒たちと記念撮影 [写真]=野口岳彦

【スコア】
帝京 1-2 駒澤大高

【得点者】
0-1 7分 羽鳥陽祐(駒澤大高)
0-2 26分 齋藤我空(駒澤大高)
1-2 61分 佐々木大貴(帝京)

【スターティングメンバー】
帝京(4-4-1-1)
冨田篤弘(2年):久保莞太(3年)、鷲田優斗(3年)、梅木遼(3年)、石井隼太(2年):塩入颯斗(3年)(28分 中島涼太(3年))、中村怜央(3年)(75分 高木翔青(1年))、三浦颯太(3年)、入澤大(3年)(31分 石川航大(2年)):佐々木大貴(3年):赤井裕貴(3年)(54分 萩原颯都(3年))

駒澤大高(4-4-2)
宮崎雅崇(3年):山田英生(3年)、齋藤我空(3年)、稲井宏樹(3年)、島田竜汰(3年):江藤惇裕(3年)、細川竜征(3年)、涌井蓮(3年)、小林蒼太(2年):原田大渡(2年)、羽鳥陽祐(3年)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る