2018.08.21

マイナビが市立船橋高校サッカー部のユニフォームスポンサーに

サッカー総合情報サイト

 株式会社マイナビは、船橋市立船橋高等学校サッカー部のユニフォームスポンサー契約を締結した。日本サッカー協会が主催する「高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2018」第10節、2018年8月26日(日)より各試合で着用する。

 以下、リリース掲載。

【スポンサー契約の背景】
船橋市立船橋高等学校サッカー部は創部61年目にして、全国高校総体9回、全国高校サッカー選手権5回の優勝実績を誇ります。公立高校で唯一「高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ」に参加していることや「サッカーを通じた人間教育の推進。社会で通用する生き方や考え方をサッカーの活動を通じて身につける。」「夢や目標(全国高校サッカー選手権大会優勝など)の実現のため、サッカーの技術的向上のみならず、人間性(人間力)の向上に努める。」「自立した選手(人間)・チーム(集団)を目指し、自ら考え、解決していく実践力を養う。」という指導方針を掲げている同校サッカー部に共感し、今回のスポンサー契約を決定しました。弊社は様々なサービス、スポーツイベントの協賛を通じてユーザーの皆様の「成長」と「成功」のきっかけを提供することを目指しております。

弊社は今回初めて高校生のユニフォームスポンサー(胸元)として協賛し、地域社会に対しても様々な活動を行っている同校サッカー部を支援することで、スポーツを通じて今後ますます社会に貢献してまいります。

【コメント】
船橋市立船橋高校サッカー部後援会 会長 曽我 明哲様
船橋市立船橋高校サッカー部 監督 朝岡 隆蔵様

この度、ユニフォームの胸スポンサーとして御支援頂けることになり、その御厚意に感謝申し上げます。公立高校で唯一「高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ」に参加しており、遠方でのゲームも多く、コンディション維持のため試合前日に宿泊をして試合を行なっており、ついては日本サッカー協会からの補助金や船橋市等からの補助はあるものの、依然として保護者の負担はかなり大きなものになります。Jリーグのユースチームや私立高校に比べてその差は大変大きいものと言えます。今回、日本サッカー協会のご理解をいただき、Jクラブのユースチームや私立高校と同様にユニフォームに広告協賛をいただくのは、保護者負担の軽減だけではなく、経済的に困難な状況にある才能ある生徒に参加の機会を与えることができるようにする、新しい公立高校の形を示すことを目指しています。市立船橋高校サッカー部として、そのようなモデルケースとして発信していきたいと考えています。

【ユニフォームイメージ】

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る