2018.01.03

7発快勝の藤枝順心、準決勝で昨年のリベンジへ「悔しさは忘れていない」

藤枝順心
藤枝順心は準決勝で大商学園と対戦する [写真]=吉田孝光
10年以上にわたり女子サッカーを追いかける気鋭のライター

 第26回全日本高等学校女子サッカー選手権大会は2日、兵庫県三木市の三木総合防災公園で準々決勝の4試合が行われた。

 今大会の1、2回戦で計11得点を決めている藤枝順心高校(東海2/静岡)と、計9得点を決めている松商学園高校(北信越3/長野)が対戦した準々決勝は、相手を凌駕する攻撃力を発揮した藤枝順心が、7-0で快勝した。

 今夏の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)で準優勝した藤枝順心は、2回戦の日ノ本学園高校(関西1/兵庫)戦から先発6人を入れ替えて臨み、前半から次々とゴールネットを揺らしていく。

 6分のDF安部由紀夏の先制弾を皮切りに、キャプテンのMF千葉玲海菜がドリブルから呼び込んだオウンゴールなどで、前半だけで一挙に3-0とした。

 初のベスト8に進んだ松商学園の得点源・FW中村美佑や、センターフォワードのFW小林るりいにボールが渡る回数は少なく、藤枝順心選手は常に動きながらフリーとなり、またボールホルダーもフリーの味方を見つけるのが早いために、後半も藤枝順心のワンサイドゲームとなる。

 藤枝順心の1年生FW小原蘭菜は、70分に途中出場すると、その1分後に右サイドからのアーリークロスを右足で巧みに押し込んで今大会3得点目をマーク。オウンゴールを除くと6人がゴールラッシュを演出する多彩な攻撃で、19本のシュートを放った優勝候補の藤枝順心が、悠々と準決勝に勝ち上がった。

 しかし、2大会ぶりの選手権優勝を目指す藤枝順心の多々良和之監督や、元U-16日本女子代表の千葉は、意外にも晴れない表情。「まだまだ軸になれる選手が少ない」と指揮官が話すと、千葉も「パスミスが多くて課題が残る試合」と、理想とする内容には程遠い様子だった。

 優勝の可能性を記者に問われると、多々良監督は「いつも可能性はあると思うが、高くはないでしょうね」と控えめ。

 準決勝では、こちらも優勝候補の大商学園(関西2/大阪)との大一番が決まったが、藤枝順心は前回大会で大商学園に自慢の攻撃陣を封じられ、0-2と敗れている。それでも「去年の悔しさはまだ忘れていないので、次こそ絶対勝ち切る」と、1年前を思い出す千葉の目は、まったく死んでいなかった。

文=馬見新拓郎

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る