FOLLOW US

四日市中央工が6年連続で選手権出場へ…履正社は初出場を決める

 第92回全国高校サッカー選手権大会の地区大会決勝が15日に各地で行われた。

 三重県では、四日市中央工が海星に5-0で勝利し、6年連続31回目の選手権出場が決定。大阪府では、履正社がPK戦の末、東海大仰星を下し、初出場を決めた。

 静岡県では、藤枝東が清水桜が丘を1-0で破り、5年ぶり24回目の全国大会へ。滋賀県では野洲に勝利した綾羽が出場権を獲得している。

 この他、和歌山県は初芝橋本、奈良県は一条が全国への切符を手にした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA