2013.01.19

準優勝の京都橘「PK戦での負けは悔いが残る」/高校選手権

惜しくも初優勝に手の届かなかった京都橘 [写真]=足立雅史

 第91回全国高校サッカー選手権決勝が19日に国立競技場で行われ、ともに初優勝を目指す宮崎代表の鵬翔と京都代表の京都橘が対戦。2-2から突入したPK戦を5-3で制した鵬翔が初優勝を飾った。

 試合後、京都橘の釋康二と宮吉悠太は、以下のように敗戦を語った。

釋康二
「一生懸命戦ったので、PK戦での負けは悔いが残ります。(監督からの言葉で覚えていることは)試合後、3年生一人ひとりに『ありがとう』と あいさつをしてくれたのが心に残っています。この1年間、セカンドボールを拾うことを意識してやってきた。この1週間も同じ意識で練習に取り組めた。試合中も意識していたけど、上手くボールを拾うことができず、相手にボールを持たれたときも遅らせたりすることができなかったのが失点につながったと思う。一人ひとりが自分の与えられたゾーンをしっかりと守ることができればよかったと思います」

宮吉悠太
「(終わった瞬間は)すごく悔しかったけど、今は少し落ち着いています。こんなに長く3年生と試合ができて本当によかった。鵬翔対策はとっていたが、相手が一枚上手でした。ポジショニングとセカンドボールをどれだけ拾えるか、そして自分たちの守るゾーンを意識して試合に臨んでいた。セカンドボールを拾ってリズムを作るのが橘のスタイルだったので、それができずに苦しい展開になってしまった。(来年は)1、2年生が多く決勝まで行くことを経験できたので、この悔しさを忘れずに来年、またここに戻って来たい。3年生からは『ありがとう』と言われたが、僕らがサポートしなければいけなかったのに、3年生が最後まで引っ張ってくれた。本当に感謝しています」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
福岡
61pt
長崎
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る