FOLLOW US

京都橘の仙頭啓矢「最高の仲間とサッカーができた」/高校選手権

一時は勝ち越しとなるゴールを決めた仙頭(7番) [写真]=足立雅史

 第91回全国高校サッカー選手権決勝が19日に国立競技場で行われ、ともに初優勝を目指す宮崎代表の鵬翔と京都代表の京都橘が対戦。2-2から突入したPK戦を5-3で制した鵬翔が初優勝を飾った。

 試合後、5ゴールでチームメートの小屋松知哉と並び、得点王になった京都橘の仙頭啓矢は、以下のように敗戦を語った。

「ここまで来れたのはいろんな人の支えがあったから。その人たちに恩返しするためにも日本一になりたかったが、自分がPKを外してしまい、みんなを優勝に連れていけなくて悔しい気持ちでいっぱいです」

「いつもなら決められるところも決められず、自分の力不足でチームに迷惑をかけてしまった。申し訳ないです。みんなにはこれからのサッカー人生で活躍をして恩返しをしていきたいです」

「みんな仲の良いチームだし、最初はレベルが低いと言われていたけど、決勝まで来ることができて幸せでした。最高の仲間とサッカーができました」

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO