2013.01.13

[鵬翔-星稜]試合展開は大熱戦も「できることをやった」後はどうするのか/選手権

宮崎県勢として初の決勝進出を果たした鵬翔 [写真]=鷹羽康博

第91回全国高校サッカー選手権大会 準決勝 鵬翔-星稜
2013年1月12日(土)/12:05キックオフ/東京都・国立競技場/観客19483人/試合時間90分

鵬翔 2(1-1、1-1、PK4-3)2 星稜

<得点者>
前半14分 寺村(星稜)
前半31分 小原(鵬翔)
後半36分 井田(星稜)
後半38分 東(鵬翔)

 双方が守備ブロックを形成し、慎重さが目立った試合を動かしたのは、「中盤がひっかからないように」(河崎監督)サイドに手数をかけてポゼッション率を高めた星稜だった。前半14分、右サイドでの完璧な崩しから、最後は左サイドからファーに入り込んだ(19)寺村が押し込み先制する。これに対し鵬翔も31分にゴール正面で得た直接FKを(8)小原が見事な弾道で沈め、前半は1-1で折り返した。後半、鵬翔・松崎監督が「(星稜は)FWに収まってからつないでくるので、セカンドボールを拾おう。ボールと人をしっかり見よう」と的確な指示を与えたことで、ポゼッション率は互角近くになった。が、勝ち越したのは星稜。36分、1点目と同じ右サイドからで、SB(5)松岡が出したクロスに入り込んだ(10)井田が、GKの位置を見やりながら逆サイドに流し込んだ。しかし、鵬翔の反発力は星稜の戦略を再び破った。直後の38分、自陣ハーフウェイライン付近で得た右サイドFKをゴール前に入れ、そのこぼれ球を(6)東が目の覚めるような弾丸ボレー。狙っていたセカンドボールを見事に突き刺し、試合は90分を終えPK戦に持ち込まれることに。PK戦も接戦となったが、今大会3度目のPK戦という場慣れを生かした鵬翔が、同校及び宮崎県勢として初の決勝進出を果たした。

■試合展開は大熱戦も「できることをやった」後はどうするのか

 試合展開は、勝敗が表裏一体であるスポーツの特性が十二分に出たナイスゲームだった。また、「準々決勝では裏を取る動きや運動量に欠けていたし、前半からどんどん行こうと思って」と、これまで全試合(13)采女優輝と2トップを組んできた(15)村上駿をベンチスタートとし、東海大仰星戦で値千金の同点弾をたたき込んだ(9)今井渓太をトップに。左サイドも(19)寺村介を先発に使った、星稜・河崎護監督の選手起用や、ハーフタイムでの鵬翔ベンチの修正。さらには(19)寺村のケガにより、(15)村上の左サイド起用を強いられることになった星稜のアクシデントなど、勝敗のポイントも多々あった。

 が、準決勝ともなればそのような試合分析はさまざまなメディアからなされるはずである。そこで、今回はあえて試合後のコメントから判明した高校サッカー界の難しい現況について触れてみたい。

 まず、星稜のディフェンスリーダーとして奮闘したCB(3)掃部智寛。ひとしきり試合とチームを振り返ってもらった後、今後の進路についたずねると「明治大学に進学します」と話す。しかし、その後には続きがあった。「正直、大学のサッカー部に入るか社会人チームでやるか迷っているんです。大会を終えて気持ちは大学でサッカーをするほうに傾いてきているんですけど」。

 ひと昔前なら考えられなかった発言である。日本最高のサイドバック長友佑都(日本代表/インテル)やJ1ジュビロ磐田の10番を背負うMF山田大記など、数多くの俊英を産み出しているサッカー部に入らない選択肢を、選手権ベスト4レベルの選手が視野に入れているのだ。

 星稜のサイドを操り、この日も技ありの2点目をあげた(10)井田遼平はもっと突っ込んだ発言をしてくれた。「法政大学に行きますが、入学後どうするかは決まっていません。この大会が1つの目標だったので、この先は考えていません」。

 この2人の言葉をどう皆さんはとらえるだろうか。これがまだJリーグ開幕よりはるか前。普段のサッカー中継が毎週1回だった「三菱ダイヤモンドサッカー」のみだった30年前の発言ならうなずける。なぜなら、多くの選手のゴールは高校サッカー、よほどのエリートでない限りサッカーを職業として考えられない時代だったからだ。

 が、今は違う。「スカパー!」をつければ24時間サッカーは見られるし、Jリーグも1部2部、JFL、大学など多くの選択肢を考えることができる。サッカーをしようとすれば報酬を得られる場所は間違いなくあるのだ。

 それなのになぜ、高校サッカーのトップクラスにある彼らがサッカーの第一線から離れることを視野に入れてしまうのか? そこには選手側だけでなく、「サッカーが職業とならない」多角的な問題。例えば「プロ」という響きに見合うような報酬を得られる層が日本のサッカー界ではまだごく一部の選手たちのみであり、ある程度レベルの高いカテゴリーでサッカーを続けることはできても、社会人として食べていけない現実などが潜んでいるように思えてならない。

 2日後の決勝戦が終われば、日本はまた日常の営みへ戻っていくはずだ。しかし、日本サッカー界に対する議論の機会も日常に戻っていいはずはない。今回、図らずも2人が話してくれた進路。その裏にある課題や改善策について、私も含めた「伝える側」は深く考え、若者たちにもっとサッカーを探求する機会を提供する義務がある。

◆試合後の監督・選手コメント

鵬翔・松崎博美監督
「PK戦にはなりましたが、選手たちが最後まであきらめずに一生懸命頑張ってくれました。試合前には星稜のビデオは1試合も見ることができかなかったので、まず失点しないことと、前線に足の速い選手が多いのでショートカウンターを考えていました。自分たちのことをしっかりやることだけを意識しました。(前半決めた直接FKについて)いくつかのパターンは練習しているので、子供たちがその中で選んでやってくれたこと。最初のFKは積極性が足りなかったので、僕からは『思い切っていかないと楽しくないぞ』と声をかけました。決勝戦は何もかもが初めてなので、今までやってきたことをやるしかない。爆発的な力はないですが、組織的に守り、組織的に攻撃したいと思います」

鵬翔・(8)小原裕哉
「(直接FKは)最初に上へ外してしまったので、次は決めようと思っていました。決まってほっとしている。決勝も勝って、監督を胴上げしたいです」

鵬翔・(6)東聖二
「キツイ試合でした。観客も多くて緊張しましたが、後半からは自分のプレーができました。決勝戦も自分の持ち味である運動量を生かしてチームに貢献したいです」

星稜・河崎護監督
「ウチとしてはプランどおりに進めましたが、最後まで勝負に徹した鵬翔さんが優ったと思います。PK戦に入ったときは勝てると思いましたが、気持ちよく蹴りすぎましたね(笑)。ロッカールームでは3年生に『この後は人生の勝利者になれるように頑張れ』と話をしました」

星稜・(3)掃部智寛
「得点をした後がずっとチームの課題でしたが、締めることができなかった。後ろが我慢できなくて悔しい試合でした。ただ、大会を通じてディフェンスラインは成長できたし、全員が1つになって戦えたことには悔いはありません」

星稜・(10)井田遼平
「鵬翔から2点取れたことは誇りに思うが、失点は自分たちの甘さからですし、力不足です。今大会ではもともと実力のある選手の調子が上がってきた中で、監督さんの考えを理解できる選手が先発できたことがチームの活性化につながったと思います」

取材・文=寺下友徳(フリーライター) 写真=鷹羽康博

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る