2013.01.12

決勝に進出した京都橘の米澤監督「ラッキーな部分もあった」/高校選手権

決勝進出を決めて喜ぶ京都橘

 第91回全国高校サッカー選手権の準決勝が、12日に国立競技場で行われ、神奈川代表の桐光学園と京都代表の京都橘が対戦。京都橘が3-0で快勝して、初の決勝進出を果たした。

 試合後、京都橘の米澤一成監督が以下のようにコメントした。

「選手たちの守備の意識が高かったので、何とか抑えることができました。選手たちが本当に集中しているし、応援してくれる皆さんのおかげです。決勝は、毎回同じですが、選手たちが伸び伸びできるように、いいゲームにしたいと思います」

「始まる前から桐光さんの力があること、自力で勝ることは分かっていましたので、ディフェンスの意識を高めて試合に臨みました」

「ディフェンスはボールによくついていった。セカンドボールへの意識が高く、よく足を動かせた。カウンターの形にならざるを得なかったので、何とかカウンターの形で点が取れた。ラッキーな部分もありました。3点という結果ですが、ラッキーだったとも思っています」

「セカンドボールの意識は、ゾーンで守っているのでセカンドボールに弱い。意識づけの部分で試合に臨みました」

「勝敗にこだわって後半に入ると、勝ってもいないのに勝てると勘違いしてしまうので、そこを言い聞かせて後半に臨んだ」

「昔から京都のレベルは低くなかったと思っていますが、自信を持たせてもらったのは久御山が一昨年、決勝まで進んだこと。生徒たちもそうだと思いますし、自分たちにとって刺激になった。自分たちもやればできる。希望が持てる活躍をしていただいたので、それに乗っていけたと思います」

「2トップ(小屋松知哉と仙頭啓矢)はスピードやボールタッチに特長がある選手なので、この大会で広いところでやらせてもらっているので、スペースを使うなど気分良くやれているんじゃないかなと思います。(練習環境的に)普段シュート練習があまりできないので、それで試合の時にシュートを打ちたいと思っているんじゃないかなと(笑)」

「桐光学園さんは、ディフェンスも非常に固いチームですし、10番の選手からの配球だったり、右のワイドの選手だったり、9番の選手の抜けだしだったり、どうやって止めたらいいか分からないけど、みんなでディフェンスをやらなければという意識づけをしていました。実際にやってみて、力は向こうが上だなと感じた。ただ、選手たちが浮き足立つことなく堅いゲームをできた、それが良かったと思います」

「決勝なので、考えなければならないのかもしれないけど、鵬翔さんとやらせてもらえるという考えで、今までどおり、今回も『1つのゲーム』にこだわりたい。国立で鵬翔さんとゲームをやらせてもらえる、そういう考えでやらせてもらおうと思います」

 なお、決勝戦は14日に行われ、宮崎代表の鵬翔と対戦する。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る