2013.01.12

鵬翔がPK戦制して初の決勝進出…星稜は“本田越え”ならず/高校選手権

同点ゴールをFKで挙げた小原裕哉

 第91回全国高校サッカー選手権の準決勝が、12日に国立競技場で行われた。

 ともに初の決勝進出を狙う宮崎代表の鵬翔と石川代表の星稜の一戦は、13分に星稜が先制。右サイドからクロスを上げると、ゴール前に流れてきたボールを寺村介が蹴り込んだ。

 一方の鵬翔も31分にゴール中央でFKを得ると、小原裕哉が直接叩き込み、同点に追いつくことに成功した。

 イーブンスコアで迎えた後半は、互いに勝ち越し点を奪えずにいたが、終盤に再び試合が大きく動く。81分に星稜の井田遼平がゴールを挙げると、鵬翔も直後の83分に東聖二の得点で、2-2の同点に追いついた。

 同点のまま突入したPK戦では、鵬翔が4-3で勝利。宮崎県勢で初となる決勝進出を果たした。一方、星稜は日本代表MF本田圭佑を擁して同校の最高成績だった2004年度のベスト4を超えることはできなかった。

 なお、決勝戦は14日に国立競技場で行われる。

[写真]=平山孝志

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る