2013.01.05

[帝京長岡-京都橘]京都橘が初の国立進出、先制パンチ2発で逃げ切り/選手権

京都橘
スタンドの応援団と喜ぶ京都橘のメンバー [写真]=高見直樹

[帝京長岡-京都橘]京都橘が初の国立進出、先制パンチ2発で逃げ切り/選手権

第91回全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 帝京長岡-京都橘
2013年1月5日/14:10キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/観客5500人/試合時間80分

帝京長岡 1(0-2、1-0)2 京都橘

<得点者>
前半9分 仙頭(京都橘)
前半29分 中野(京都橘)
後半5分 島村(帝京長岡)

 前半は、京都橘が自慢の攻撃力を発揮して2点を先制。帝京長岡は相手の勢いに飲み込まれ、パニックから立ち直るのに時間を要した。後半に入ると、新潟入団内定のMF(14)小塚がポジションを下げながらゲームメークした帝京長岡が逆襲。後半5分に右から(5)丸山が放り込んだボールを(3)滝沢が競り、こぼれ球を(13)島村が決めて1点を返した。その後も帝京長岡の攻勢が続いたが、京都橘が逃げ切りに成功して、初の国立進出を決めた。

◆京都橘が初の国立進出、先制パンチ2発で逃げ切り

 京都橘が見事に逃げ切った。前半は、自慢の攻撃力をいかんなく発揮した。快足2年生FW(10)小屋松知哉と、高精度のパスを操る(7)仙頭啓矢を中心に相手を圧倒。9分、小屋松が右サイドを突破し、マイナスのパスを(7)仙頭が決めてあっさりと先制に成功した。帝京長岡も(15)山田貴仁のシュートや(7)柳雄太郎のクロスなどで攻め込んだが、京都橘の勢いを押し返すことはできなかった。

 前半28分、京都橘は(7)仙頭の縦パスで抜け出た(10)小屋松が前に出てきたGKをかわすようにループシュートを放つが、ゴールの枠をとらえられなかった。しかし、直後に(11)中野克哉が(10)小屋松とのパス交換から相手守備ラインの背後を突き、左足シュートを決めて追加点を奪った。帝京長岡にとっては、この1点が重くのしかかることになった。

 後半は、帝京長岡が落ち着きを取り戻して逆襲。後半1分、(7)柳のクロスから(15)山田がヘディングシュートを狙って、勢いをつけた。4分には(11)長坂拓海の突破から(15)山田を経由して逆サイドまでボールをつなぎ、(8)星田朋弥がシュートを放ったが相手DFのブロックに阻まれた。(8)星田は本来主力だが、負傷を抱えているため控えに回っている。しかし、前日に谷口哲朗監督に出場を直訴。自身が帝京高校時代に同じ経験をしたことがあるという谷口監督は「自分と重なるところがあった」と起用に踏み切った理由を話した。

 そして帝京長岡は後半5分、(5)丸山晃生がアーリークロス気味に放り込んだボールを(3)滝沢がゴール前で競り、逆サイドまで流れた球を(13)島村旭が押し込んで1点差に詰め寄った。

 京都橘は30分に(7)仙頭が強烈なミドルシュートを放ったが、クロスバーに弾かれた。「あれが入っていれば、もっと楽だったと思う」と(7)仙頭が振り返るとおり、試合終盤は帝京長岡の猛攻にさらされ続けて肝を冷やした。32分、帝京長岡は(7)柳がシュート性のクロスを放ち、京都橘のGK(1)永井建成が辛くもパンチング。さらに(14)小塚が左CKからストレートのピンポイントパスを送ると、(3)滝沢がファーサイドで合わせたが、このシュートは力がなくGKに防がれた。前半のシュート数は京都橘の8に対して帝京長岡が2。逆に後半は京都橘の1に対して帝京長岡が7と極端な展開となったが、最後は京都橘が1点差のまま逃げ切りに成功した。

◆試合後の監督・選手コメント

京都橘・(7)仙頭啓矢
「先制点にこだわっていたので、取れたのは大きかった。2-0で折り返し、後半にすぐ1点を返されて苦しくなったけど、粘って守り切れた。後半は気持ちで戦おうとずっと声をかけていた。国立はずっと夢見てきた舞台。絶対に全国制覇をします」

京都橘・(10)小屋松知哉
「自分自身はあまりいいパフォーマンスができていないが、何とかチームが勝ててよかった。自分もゴールを取りたかったが、チャンスを一度外してしまった。ああいうのが甘いところ。ただ、チームが勝って次につながったので、もう一度、今度はゴールを取って勝利に貢献できたらいいと思う」

帝京長岡・谷口哲朗監督
「選手を勝たせてやれず、申し訳ない。前半に自分たちのサッカーができずムダな40分を過ごしてしまったことに悔いが残る。京都橘の10番(小屋松)、7番(仙頭)を警戒しすぎて、消極的になってしまったことが一つの要因だと思う」

帝京長岡・(14)小塚和季
「国立を目指して3年間やってきたので悔しい。前半は相手のペースに飲み込まれて、もう一歩の寄せが甘くなり、相手を自由にさせてしまった。U-18日本代表候補の合宿に呼ばれたときに『帝京長岡ってどこ?』と聞かれたのが悔しかった。新潟県勢がなめられるのが嫌だった。ベスト8ではすぐに忘れられてしまうから、ベスト4に残りたかった」

取材・文=平野貴也(フリーライター) 写真=高見直樹

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る