2013.01.05

[作陽-桐光学園]劇的ロスタイム弾で桐光学園が4強、作陽との好勝負を制して国立へ/選手権

野路貴之
野路貴之(9番)のロスタイム弾で桐光学園が準決勝へ駒を進めた [写真]=高見直樹

第91回全国高校サッカー選手権大会 準々決勝 作陽-桐光学園
2013年1月5日(土)/12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/観客10500人/試合時間80分

作陽 1(0-1、1-1)2 桐光学園

<得点者>
前半34分 大田(桐光学園)
後半36分 永松(作陽)
後半40+3分 野路(桐光学園)

 前半は桐光学園が多くの好機を作り出した。前半34分、(10)松井のFKを(4)諸石が頭でゴール前へ折り返し、(3)小松のキックが右へ流れたところを(2)大田が押し込んで先制した。後半は(9)三野を投入した作陽が逆襲。桐光学園の粘り強いシュートブロックに手を焼いたが、後半36分にDFライン裏に抜け出た(7)平岡の折り返しを(14)永松が決めて同点に追いついた。しかし、ロスタイムに作陽がPK戦を考慮してGKを交代した直後、桐光学園は(2)大田のロングスローを(3)小松がそらし、(9)野路がプッシュ。劇的勝ち越し点で勝負強さを見せつけた。

◆劇的ロスタイム弾で桐光学園が4強、作陽との好勝負を制して国立へ

 桐光学園が好勝負を劇的ゴールでモノにした。桐光学園は、(9)野路貴之と(11)市森康平のツートップを常に高い位置に張らせてカウンターを展開。作陽にボールを支配されながらも、最終ラインからのロングフィードを2人が相手と競り合いながらキープして攻撃を繰り広げた。12分に(11)市森がヘディングで競ったこぼれ球を(9)野路が狙ったのがファーストシュート。直後には(10)松井修平の縦パスを受けた(11)市森が思い切ってダイレクトで狙ったが、GKに防がれた。15分にも、(10)松井の浮き球パスで抜け出た(9)野路がランニングボレーを狙うが、シュートは枠を外れた。

 作陽は、トップ下の(20)横川矩久を基点とした攻撃で、2年生MF(7)平岡翼がスピードと細やかなタッチのドリブルを見せて会場を沸かせたが、桐光学園の屈強なDFラインを破ることができないまま前半を終えた。

 試合は桐光学園のペースに見えたが、ツートップ頼みの攻撃のツケが後半に回ってきた。(20)横川を中心としたポゼッションを展開する作陽に対し、桐光学園はツートップがプレッシャーをかけられずに防戦一方となった。作陽は17分にパワーのあるFW(9)三野草太を投入。前線に基点を作って敵陣へ押し込むことに成功。22分にはMF(14)永松達郎を投入して攻撃をさらに活性化させた。

 後半25分、作陽は右サイドから(7)平岡が中央へ切り込んでシュートを狙ったが、桐光学園のDF(4)諸石健太がブロック。29分、今度は(9)三野がシュートを放ったが、桐光学園はDF(3)小松勇樹が防いで粘りを見せた。33分には攻撃参加したDF(4)河面旺成のアーリークロスがゴール前に落ちる好機があったが、(9)三野と(6)渡部健士朗が見合ってシュートを打ち切れなかった。それでも作陽の攻め手は止まらず、36分、ロングパスで相手最終ラインの背後に抜け出た(7)平岡がドリブルからマイナスのパスを送り、(14)永松が蹴り込んで同点に追いついた。

 試合終盤の同点弾でPK戦突入かと思われたが、まだドラマが残っていた。目安3分と表示されたアディショナルタイム、作陽はPK戦を想定してGKを交代。ところが、直後に桐光学園は右サイドから(2)大田がロングスローをゴール前へ投げ入れると、(3)小松が競ったこぼれ球を(9)野路が右足で蹴り込んで勝ち越し点をマークした。試合終了の笛が鳴ると、ピッチは歓喜と悲哀のコントラストに包まれた。桐光学園の勝負強さは見事の一言。ただ、地元・神奈川の会場で桐光学園の応援に訪れた観客が多い中、席を立つ観客の会話から「作陽、いいチームだったね」という声も多く聞こえたように、作陽の健闘も素晴らしかった。

◆試合後の監督・選手コメント

桐光学園・佐熊裕和監督
「作陽は思っていた以上にいいチームだった。1点差勝負になるだろうとは思っていたが、何とか勝ち切れてよかった。課題としては、もう少しつなげるところはつながないといけない」

桐光学園・(4)諸石健太
「真骨頂が最後に出た。昨年は国立競技場のメーンスタンドで決勝戦を見ていた。あの場所に立てるとは思っていなかったのでうれしい。ただ、国立に行くことが目標ではないので、次の試合をしっかりと勝ちたい」

桐光学園・(9)野路貴之
「最後は、決めた瞬間に何も考えられずにスタンドへ走った。前半、チャンスをつぶしてしまっていたのでちょっと(涙が出た)。足が止まってきていて、守備陣には迷惑をかけたが、最後のチャンスで決められてよかった」

取材・文=平野貴也(フリーライター) 写真=高見直樹

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る